2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク集

無料ブログはココログ

2021年9月24日 (金)

時 雨(しぐれ)

 あれ程に煩いくらいだった「蝉時雨」が、涼しげな「虫時雨」に変わって間もない今、「本物の時雨」の季節にはまだ早いのですが・・・。
 時雨は秋の終わりから春先の頃、北西季節風の吹くときに降ったりやんだりする雨のことを言います。
 時雨は、本州の日本海側や九州の西岸、京都盆地の北部近くの山間部では、1〜2時間おきに雨が降ったいやんだりを繰り返します。テレビの天気予報で気象衛星の雲画像を見ていると、黄海や東シナ海から日本海にかけて、多くの筋状の雲が写っていることがあります。この団塊状の雲が日本の上空を通過するたびに、降ったりやんだりを繰り返すのが時雨です。
 ちなみに、山陰や北陸など日本海側の地方には、晩秋から春先にかけての時期は「弁当忘れても傘忘れるな」という諺があります。
 時雨の語源は、「過ぐる」「しばしば暮れる」「しくれ=シは風の古語、クレは狂いで、風の乱れるのに伴って忽然と降る雨」など諸説あるようですが、いずれも通り過ぎる雨・通り雨の意味です。

 「しぐれ」から受けるしみじみとした味わいは、古くから和歌や俳句に詠まれてきました。
 私も、風情や味わいを感じるこの「しぐれ」という言葉が好きです。
 ところで、時雨は晩秋から春先の頃に降る通り雨のことなのですが、なぜか俳句の世界では晩秋から初冬の頃の季語とされています。

 自由律の俳人で放浪の俳人とも称された種田山頭火には、時雨を詠んだ多くの句があります。

Photo_20210923160201
 私が特に好きなのは、『其中日記』(昭和7年10月21日の条)にある「おとはしぐれか」です。山頭火が厠でしゃがんでいる時、草屋根を滴る時雨の音に季節の移り変わりを感じ取っている、よく知られた句です。
 京都にもこの句碑があり、北区の鷹ケ峯から長坂越えで R162 に出る手前の地蔵院境内(杉坂道風町102)に建てられています。
 そして、山頭火の代表句の一つである、「うしろすがたのしぐれてゆくか」も好きな句です。

 一方、和歌の世界でも一雨ごとに荒涼とした冬の近づく様子、無常の思いを感じさせる「しぐれ」はよく詠われています。
 神無月降りみ降らずみ定めなき時雨ぞ冬のはじめなりける 『後撰和歌集』
 「降りみ降らずみ」の「み」は交互に繰り返される意の接尾語で、ここでは「降ったりやんだり」を意味しています。

 ところで、『逆引き広辞苑』で「時雨」のつく言葉をあたってみると次のように24個もありました。もっとも印を付したのは偽物の時雨で、虫の音・木の葉の落ちる音など、いろんなものが時雨に見立てられています。
 時雨、夕時雨、秋時雨、横時雨、笠時雨、*さんさ時雨、*虫時雨、片時雨、北時雨、初時雨、*袖時雨、一時雨、*袖の時雨、*空の時雨、偽りの時雨、*木の葉時雨、北山時雨、*黄身時雨、*蝉時雨、露時雨、小夜時雨、叢時雨、*霧時雨、春時雨
 日本語はなんと奥深いのでしょうね。



2021年9月17日 (金)

茅葺き屋根

茅葺き屋根の農家

159

 この茅葺き屋根の農家、周辺の自然景観にすっかり同化しています。
ここは、京都府南丹市美山町北地区です。40戸ほどの茅葺き農家がある集落で、現存する茅葺き民家は入母屋造りで、千木・破風等の構造美に優れる、いわゆる「北山型」という独自の構成をもつ山村の民家としての特質を有しているということです。
 四半世紀ほど前の平成5年(1993)、この北地区は国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているのですが、まさに「日本の原風景」を残すところとして、多くの人々が訪れるほどに有名な「観光地」になっています。

 農家も今では人手や資材の関係で、瓦葺き屋根に葺き替える家も多いのですが、昔の農家といえば茅葺き屋根が普通でした。茅に比べて材料としては手に入り易い稲や麦などの藁葺き屋根もあるにはあるのですが、耐久性という点では劣るので多くはありませんでした。
 その点、茅葺き屋根は耐久性に優れていて30年くらいは十分もつようです。そして、なによりも夏は涼しくて冬暖かいのため日本の気候に適した屋根と言えます。
 私が子供のころ毎年、学校が夏休みになると田舎の親戚の農家に一週間ほど遊びに行っていました。
 その当時は、まだ母屋・隠居だけでなく、牛馬小屋・堆肥小屋・風呂や便所なども茅葺き屋根だったのを思い出します。


 ところで、当然のことながら茅葺き屋根も老朽化すれば葺き替え普請が必要となります。
 日本のムラ共同体では昔から、生活の必要上から慣行として互助あるいは相互扶助が行われてきました。地方によりその名称や内容に多少の違いはあるようですが、おおよそは次のようなものだと思われます。
 道路や用水などの土木工事、家屋建築や屋根葺き替え、婚礼の手伝い、葬儀の手伝い、火災・自然災害の際の援助や見舞いなどでは、各家から労役奉仕の人手を出して行っていた。
 屋根の葺き替えにあたっても、ムラの共有財産である茅場で育てた茅の刈り取り・古くなった茅降ろし・茅の運搬・葺き上げなど、多大な労力と資材を必要としました。このため、ムラ単位で頼母子のかたちで助け合い、茅が老朽化した家から毎年順番に屋根の葺き替えをしていました。
 葺き替えは茅葺き屋根専門の職人さんが中心となって作業をするのですが、相互扶助でムラの各戸から人を出して屋根の葺き替えが行なわれてきました。

 しかし、美山町北の場合もご多分にもれず、少子高齢化が進み後継者不足が深刻化したため、自治体から補助金が支給されるようになってからは、専門業者に任せるようになったということです。
 今では美山茅葺株式会社が設立され、全国での茅葺き屋根の施工請負とともに、茅葺屋根職人の育成も行っているということです。



2021年9月10日 (金)

手習い歌

 仮名文字を書く練習のために、手本とする和歌などの歌のことを「手習い歌」といいます。

 最初の勅撰和歌集『古今和歌集』の「仮名序」(延喜5年)には、仮名を習う人(こども)が最初に手本とした歌として、次の和歌二首を挙げているそうです。

 その一つ「難波津」の歌は、渡来人の王仁が仁徳天皇に奉ったと云う。
 なにはづに さくやこのはな ふゆごもり いまははるべと さくやこのはな(難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今は春べと 咲くやこの花)
 もう一つ「安積山」は、葛城王(橘諸兄)が東国へ視察に行った時、その地にいた采女が、 諸兄に献上した歌と云う。
 あさかやま かげさへみゆる やまのゐの あさきこころを わがおもはなくに(安積山 影さへ見ゆる 山の井の 浅き心を 我が思はなくに)

 いまの私達は、全部で47字の仮名文字を重複しないように一度だけ使って、整った文章のかたちにした歌「いろは歌(伊呂波歌)」、この47字の仮名文字に入っていない「ん」、または「京」の字を加えた48文字を文字習得の手本としていました。
 「色は匂へど散りぬるを我が世誰ぞ常ならむ有為の奥山今日越えて浅き夢見じ酔ひもせず ん」
これは弘法大師の作と云われていたのですが、今ではその死後の平安時代後期に作られたとみられているようです。

Img_0223

 ところで、こように仮名文字を重複しないように使って作られた手習い歌で、「いろは歌」に先立つものとして、平安初期の「天地の詞(あめつちのことば)」「大爲爾の歌(たゐにのうた)」というのがあるそうです。

 「天地の詞」は、ア行の「え」とヤ行の「江」(注:この「江」正しくは変体仮名です)の区別を残していて平安初期の音節数を示している。この歌は身近にある言葉・単語を選んでいるため、自然と向き合って生活していた大昔の人々の考え方や自然観が見えるように感じられます。
 「あめ(天)つち(地)ほし(星)そら(空)やま(山)かは(川)みね(峰)たに(谷)くも(雲)きり(霧)むろ(室)こけ(苔)ひと(人)いぬ(犬)うへ(上)すゑ(末)ゆわ(硫黄)さる(猿)おふせよ(生ふせよ)えの江を(榎の枝を)なれゐて(馴れ居て)」

 「大爲爾の歌」は、源為憲の『口遊(くちずさみ)』(天禄元年)に、「謂之借名文字」(これを借名〈かな〉文字と謂ふ)と但し書きを付して記しているそうです。
 「大爲爾伊天(田居に出で)奈徒武和礼遠曽(菜摘む我をぞ)支美女須土(君召すと)安佐利於比由久(求り追ひ行く)也末之呂乃(山城の)宇知恵倍留古良(うち酔へる子ら)毛波保世与(藻葉干せよ)衣不祢加計奴(え舟繋けぬ)」

 これらの歌からは、今ではすっかり風化してしまった心の記憶の風景、心象風景と言ったものを感じさせるようにも思います。



2021年9月 3日 (金)

路地(ろーじ) ーそのいろいろー 62

さらに東山区です

Photo_20210901111102

Photo_20210901111101

Photo_20210901111501

Photo_20210901111502



2021年8月27日 (金)

路地(ろーじ) ーそのいろいろー 61

またまた東山区の路地です

Photo_20210826083901

Photo_20210826083701

Photo_20210826084001

Photo_20210826084002




2021年8月20日 (金)

京の市場事情 2 ー近 世ー

 時代は変わり、江戸時代になると農耕で牛馬の利用が増え、また二毛作が広まるなど農業生産力が急激に向上します。そして、京の人口増加による青物蔬菜の需要増大とが相俟って、青物の立売市場が大いに発展します。
 それらの青物市場は隣接する魚市場と一体となって、京の人々の食生活を支える大規模な市場となっていきました。

 ちなみに、京の魚市場としては、次のような上・中・下の著名な3カ所の魚棚(うおのたな)がありました。

椹木町通(上の魚棚)

『京町鑑』に、椹木町通を「俗に上魚棚通 此通中頃椹木をあきなふ材木屋多くありし故名とす 又釜座邉魚商ふ家多し故魚棚と云」としている。
『京羽二重』も、「東にてさはら木町通と云 西にて魚の棚通と云」として、所在の諸商人として「新町にし 生肴  八百や」と記す。

東魚屋町(椹木町通)の町名表示板

Photo_20210818170701


 往時は、椹木町通の西洞院通から堀川通までの間に魚市場があり、現在も東魚屋町・西山崎町(かつては西魚屋町が通称か)の町名が残っている。


錦小路通(中の魚棚)

『京町鑑』に、「いつの頃よりにや 魚商ふ店おほく今におゐて住居す仍而 世に中の魚棚とよぶ」として、「麸屋町西入 東魚棚町、柳馬場西入 中魚棚町、高倉西入 西魚屋町」と町名を記している。
 ここも慶長期以来の魚市場があり、魚鳥・菜果をも商った。
 現在も、富小路通と柳馬場通の間に東魚屋町、堺町通と高倉通の間に中魚屋町、その西の東洞院通までに西魚屋町があり、近辺には八百屋町・貝屋町という町名も残っています。


六条通(下の魚棚)

 寛永年間に、下魚棚通にあった魚市場が六条通に移されて盛んに売買されるようになった。
 『京町鑑』は、「此通魚屋多し 故に是を下魚棚といふ」とし、「室町東入 東魚屋町、新町西入 西魚屋町、西洞院西入 北魚屋町」の町名を挙げている。
 こうして、六条通に魚棚通という通称が生じて一般化した。しかし、明治になってからは振るわなくなり、名はあっても実は無くなってしまいました。

東魚屋町(六条通)の町名表示板

Photo_20210818171101
 現在も、室町通東入に東魚屋町、室町通西入に西魚屋町の町名が、また西魚屋町の南側には八百屋町という町名も残っている。

ちなみに、六条通(下の魚棚)に関わることを。
 七条通の一筋南に下魚棚通があって、東は西洞院通から西は大宮通まで通っています。
 ここには、寛永年間に六条通へ移転するまで慶長期以来の魚市場がありました。
 しかし、下魚棚一町目から下魚棚四丁目まであった町名も、現在では「下魚棚四町目」を除いて隣接する町に合併されたために消滅しています。
 なお、この下魚棚通の魚市場に近接して青物市場もあったのですが、その名残りが今も八百屋町・西八百屋町・南八百屋町の町名として残っています。



 

2021年8月13日 (金)

京の市場事情 1 ー古代から中世ー

 平安京には、左京に東市(ひがしのいち)、右京には西市(にしのいち)の2ヶ所の官営の市が設けられていました。
 どちらも四町四方の広さで、その周囲には外町が設けられていたということです。そして、市(いち)の開催日は、1ヶ月のうち前半は東市が、そして後半は西市が開かれて、開催時間は正午に始まって日没前に解散したようです。

 下京区河原町通六条西入本塩竈町にある市比売神社、いまでは縁結び・子授け・女人厄除けなど女性の願い事にご利益があるとされるパワースポットですが、元は延暦14年(795)東西の市に市杵島比売命を勧請したもので市(いち)の守護神でした。

市比賣神社(市姫神社)

Photo_20210812165501

 ところが、平安京の右京域は湿潤な土地柄から、10世紀頃には衰退してしまいます。したがって、右京に設けられていた西市もまたすっかり寂れてしまうのですが、左京の東市の方は繁栄したようです。
 しかし、東・西両市ともに平安京の南端近くに位置したため、また官営の市ということから、やがて平安京社会の実情に合わなくなって衰退してしまいました。

 その頃、官衙(平安宮の役所)に所属して手工業生産に携わていた厨町(くりやまち)の職人・工人は、律令制が衰退して朝廷の権力が弱体化するとともに、その束縛から解放されて独立した手工業者として町尻小路(新町通)の三条・六角・錦小路・四条などに居を構え、東西市に代わって新たな商業経済の中心となっていきました。

 下って、鎌倉・室町の頃になると、市中の商工業者や近在の農民たちが売り物を持ってきて、道端や軒下などで露天商いをしたようです。
 このように店棚を持たないで商いをするのが「立売(たちうり)」で、そうした商い人の集中する通りの名称として、上立売通・中立売通・下立売通の名称が生じ、今に至るまで名をとどめています。『京雀』『京町鑑』などの地誌によれば、初期は絹布巻物類の立ち売り(裁ち売り?)に始まったようで、次第に棚売り(店売り)へと発展していきます。
 これらの通りには立売に因む町名も残っていて、上立売通には上立売町・上立売東町、下立売通には東立売町がある。

 現在では通りの名称としては残っていないのですが、四条通にも麸屋町通から東洞院通の間に、立売東町・立売中之町・立売西町という町名が現存しています。四条立売と総称して、室町時代には百貨売買の重要な市場として繁盛したようですが、『都名所図會』には、「むかし大内裏の時、此所諸品を商ふ市場なり。今毎朝高倉四條の北に野草の市あり、往古の余風歟」とある。

「四條立賣」

Photo_20210814172201
 また、伏見にも桃山町立売という町名が大手筋通の南、第一期の伏見城があった桃山町泰長老の北側に残っています。




2021年8月 6日 (金)

路地(ろーじ) ーそのいろいろー 60

また東山区の4件

Photo_20210805170901

Photo_20210805171001

Photo_20210805171002

Photo_20210805171003



2021年7月30日 (金)

路地(ろーじ) ーそのいろいろー 59

東山区で通りすがりに見かけた路地

 路地の入り口に格子戸があるのはしばしば見かけますが、閉められているのは珍しいです。

Photo_20210728133402

Photo_20210728133401

Photo_20210728133201

Photo_20210728133101



2021年7月23日 (金)

祇園祭のこと 3

 前回の記事で記しましたが、明応9年(1500)の祇園祭復興に尽力した松田頼亮の記録『祇園会山鉾事』の中の、「祇園会山ほくの次第」には応仁の乱以前の山鉾について、前祭・後祭を合わせて58基の名称と所在地が記されています。
 また、同じく「祇園会山鉾次第以鬮定之」には、応仁の乱以後に再興された山鉾36基の名称と所在地が記されています。

 どちらの記録も、山鉾の所在地を町名(地域名称)による表示ではなく、「◯◯と◯◯の間」というように通り(道路)と通り(道路)で区切られた区間=地点で表示しています。
 そのいくつかを抜書きしてみます。

「祇園会山ほくの次第」(応仁の乱の前)では
長刀ほく(現在の長刀鉾)    四条東洞院
かんこくほく(現在の函谷鉾)  四条烏丸と室町間
かつら男ほく(現在の月鉾)   四条室町と町間(「町」=現在の新町通)

「祇園会山鉾次第以鬮定之」(応仁の乱のあと)では
ナキナタホコ(現在の長刀鉾)  四条東洞院とカラス丸とノ間也
かんこくほく(現在の函谷鉾)  (*この頃は未復興、天保10年(1839)に復興)
かつら男山 (現在の月鉾)   四条町と室町ノ間也  (*乱後の復興では財政的な事情からか、「鉾」ではなく「山」として復興している) 

 このように、山鉾の所在地を町名ではなく、「◯◯と◯◯の間」というように道路と道路で区切られた区間で表示しているということは、つまり、中世のこの時期にはまだ地域の名称としての「町名」が定着していなかったのだろうと考えられます。
 近世になって徐々に町名が定着していき、おおよそ寛永期以後になると古絵図に鉾の名称を冠した町名が見られるようになります。(ex.寛永14年(1637)刊の洛中絵図など)
 もっとも、この頃の町名には別名・異名もあって、町名としては一定していなかったようです。

Photo_20210722175501

 ところで、他の鉾町を見ていて、素朴な疑問が湧きました。
 同じ貞享期の刊行ですが、貞享3年刊『京大繪圖』は山鉾の所在地が町名で書かれていますが、貞享2年(1685)刊の地誌『京羽二重』では、なぜか依然として町名表示ではなく地点表示で記しているのです。
 これが、宝暦12年(1762)刊の地誌『京町鑑』になって、ようやく町名で表示されています。

Photo_20210722175701
傘 鉾(元は「笠鉾」)
 『京大繪圖』では「おしろい丁(白粉屋町)」、『京羽二重』では「四條通西洞院西へ入」、『京町鑑』に至り「傘鉾町 一名◯白粉屋町とも云』と現町名になっています。
 ちなみに、傘鉾は二基あります。四条通のこの傘鉾を四条傘鉾、綾小路の善長寺町から出す傘鉾は綾傘鉾と呼ぶ。

郭巨山(元は「釜掘山」)
 『京大繪圖』では「可ハのた奈丁(革棚町)」、『京羽二重』では「四條通新町西へ入町」、『京町鑑』に至って「郭巨山町 一名◯革棚町とも云』と現町名になっています。




«祇園祭のこと 2