2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

無料ブログはココログ

« 京都の仁丹町名表示板 ーひとつの推測ー | トップページ | 辻子 ー紋屋辻子と西陣ー »

2011年6月23日 (木)

松井天狗堂

手摺製造の松井天狗堂

 百人一首・花かるた(花札)・ウンスンカルタなどを、国内で唯一手摺製造していました。ところが、残念ながら昨年、この店は廃業してしまいました。
 当世は、ゲーム機の普及などで売れ行きがすっかり落ち込んでいたところ、店主の高齢も重なって1897(明治30年)の創業以来110余年の歴史を閉じてしまいました。
 しかし、伝統の職人技が消えるのを惜しんだ同業者が教えを乞い、先々には手摺製品全ての復活を目指しているそうです。
 花かるたは、16世紀の天正時代(安土桃山時代)にポルトガルから伝わった、いわゆる南蛮カルタが原型という。

Photo

 なお、手摺ではないが今でも京都で花札を製造しているのは、大手の任天堂を除けば、大石天狗堂(京都市伏見区両替町)・田村将軍堂(京都市伏見区毛利町)といったところのようです。


任 天 堂

 松井天狗堂にほど近いところにある、任天堂の一施設の写真です。
 事業内容は「家庭用レジャー機器の製造・販売」としているが、その他の商品として、トランプ、花札・株札、百人一首、将棋、囲碁の製造販売もおこなっています。
 1902(明治35年)日本で初めてトランプを製造販売したそうです。
 なお、任天堂は1889(明治22年)「任天堂骨牌」として創業。下の写真、建物入り口向って左手に架かっているのは創業当初の看板とのこと。

Photo_3

 
以下の写真は、いつもの記事と同じく、近辺にあった仁丹町名表示板です。

Photo_5

Photo_6

« 京都の仁丹町名表示板 ーひとつの推測ー | トップページ | 辻子 ー紋屋辻子と西陣ー »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都の仁丹町名表示板 ーひとつの推測ー | トップページ | 辻子 ー紋屋辻子と西陣ー »