2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 聚楽第由来の町名 ー仁丹町名表示板ー その1 | トップページ | 種田山頭火 ー京都にある句碑 4ー »

2011年8月24日 (水)

聚楽第由来の町名 ー仁丹町名表示板ー その2

 聚楽第の周囲には秀吉に臣従する有力諸大名の屋敷や、旗本などが武家屋敷を構えた。そして、これら大名・武将の名前を由来とする町名が多く残っている。
 それらの町の仁丹町名表示板をいくつか上げておきます。

伊勢殿構町 伊勢兵部少輔の屋敷跡

Photo_20200715113301


浮田町
 浮田(宇喜田)中納言秀家の屋敷跡

Photo_20200715113501


加賀屋町
 前田加賀守直茂との言い伝えあるも前田利家の屋敷跡か

N_20200715113701

信濃町
 鍋島信濃守勝茂の屋敷跡

Photo_20200715113901


藤五郎町
 長谷川藤五郎秀一の屋敷跡

Photo_5

如水町
 黒田如水(小寺官兵衛)の屋敷跡

Photo_20200715114201

常陸町
 木村常陸介重滋(利休七哲の一人)の屋敷跡

Photo_7 

 他にもまだ、そういう町があります。
 稲葉町は稲葉一鉄斎良道、小寺町は小寺官兵衛こと黒田如水、左馬松町は加藤左馬助嘉明の邸跡である左馬殿町と松屋四丁目が明治になって合併、主計町は加藤主計頭清正、弾正町は上杉弾正大弼景勝、中書町は脇坂中務大輔(中書)安治、中村町は中村式部小輔、飛騨殿町は蒲生飛騨守氏郷、福島町は福島左衛門大夫正則。



« 聚楽第由来の町名 ー仁丹町名表示板ー その1 | トップページ | 種田山頭火 ー京都にある句碑 4ー »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 聚楽第由来の町名 ー仁丹町名表示板ー その1 | トップページ | 種田山頭火 ー京都にある句碑 4ー »