2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 京の郭(廓)その8 ー市内各所の新地 4ー | トップページ | 京の郭(廓)その9 ー橋本遊廓ー »

2011年12月10日 (土)

辻子 ー天神辻子とその周辺ー

天神辻子
 現在の上京区最北端にあたる所にあった辻子である。
 鞍馬口通堀川の一筋西を南行して堀川へ抜け、上御霊前通の少し南の寺之内竪町との境界まで。町名でいうと北から、瑞光院前町・天神北町・上天神町・下天神町を通貫している。
 この辻子沿いで二枚の仁丹町名表示板を見かけました。

 元・天神辻子の中程にある上天神町から北を望む。突き当り(大日本スクリーンの社屋)を左に折れて、すぐまた鞍馬口まで北行している。

Photo_4

 「瑞光院前町」の町名由来は、瑞光院(昭和37年に山科区へ移転)の門前にあたることに因むという。

Photo

 「天神北町」は、水火天満宮の北に位置していたのが町名の由来。ただし、水火天満宮は昭和27年に堀川通拡張のため堀川通東向いの扇町に移転している。

Photo_2

なお、周辺には他にも二つの辻子がありました。

清次郎辻子
 大宮通鞍馬口の一筋南を西行する小道で、竪社北半町と筋違橋町を通貫する。
 ここでも仁丹町名表示板を見かけた。竪社北半町の町名は櫟谷七野神社に近接していたことによる。

Photo_5
Photo_7

扇辻子
 この辻子は扇町と本法寺前町の境界となっています。
 上御霊前通堀川を東行する小路で、小川通までの間。扇町公園と水火天満宮の南側になる。
 『京都坊目誌』には、扇町の町名起源を「不詳、始め扇ノ辻子と呼べり」と記しています。
 また、同書の「小川頭」の項に、「實は油小路少し西。寺之内の北にあり。天正年中開通する所なり。北は御霊辻子 [堀川西にて扇町通]  南は曲折して射場町に通ず。頭とは其極端を云ふなり。寺町頭。新町頭。大宮頭の類なり」としています。
 私は、この御霊辻子なる辻子名は初見です。「御霊」と付いた辻子名が幾つかあることを承知しているのですが、折をみて調べてみたいと思っています。
 

Photo_6

予告:この界隈をカメラ散歩をしていた当時、堀川と堀川通に関しておおいに好奇心が涌いてくる事柄に遭遇したことを思い出しました。
別途、記事にして公開してみようと考え、目下いろいろと調べています。



« 京の郭(廓)その8 ー市内各所の新地 4ー | トップページ | 京の郭(廓)その9 ー橋本遊廓ー »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

ここでいう「御霊辻子」は、上御霊前通の妙覚寺と妙顕寺に挟まれた辻のことだと思います。別名「妙覚寺辻子」ともいうようです。ご参考迄に
http://youryuboku.blog39.fc2.com/blog-entry-153.html

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京の郭(廓)その8 ー市内各所の新地 4ー | トップページ | 京の郭(廓)その9 ー橋本遊廓ー »