2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 看板 ー飲料 その3ー | トップページ | 月下氷人石 »

2011年12月29日 (木)

堀川と堀川通

 先頃(12月10日)、記事『辻子 ー天神辻子(てんじんのずし)とその周辺ー』を載せた折り、堀川と堀川通に興味を惹かれたので、今回はそれについて記すことにします。

現在の「堀川」と「堀川通」

 今の「堀川」は殆どが暗渠となってしまい、僅かに今出川通の少し南(村雲町)から押小路通(二条城前)までの間、綺麗にコンクリート舗装された川底に小さな流れと遊歩道があるのみ。そして、ここを流れる水は本来の堀川の水ではなく疏水から取水したもので、押小路通から再び暗渠に入ったあと西高瀬川に放流しているそうだ。
 なお、現在の「堀川通」は、北端は御薗橋少し南の賀茂街道に始まり、南端は八条通まで通じている。

村雲町で暗渠から出る

Photo

「村雲町(村雲御所が由来)」の仁丹町名表示板

Photo_2

一条戻橋下から中立売橋(堀川第一橋)を望む

Photo_4

平安期の「堀川」と「堀川小路」

 「堀川」の川幅は4丈(約12m)で、川の東西両側にそれぞれ2丈(約6m)の小道を配したため、「堀川小路」は8丈(約24m)の幅があったようです。
 現在の堀川通は、この平安京の堀川小路にほぼ該当するらしい。

江戸期の「堀川通」と「堀川」

 この頃の「堀川通」は、北は上立売通から南は本圀寺(昭和46年に山科へ移転)の東北角の万寿寺通付近(いまの堀川警察署の辺り)で終わっていた。そして、堀川の両側の通りを東堀川通・西堀川通と称していたようだ。
 したがって、堀川通は上立売通から北には無かった。しかし、堀川はあったのです。
 ならば、「堀川」は上立売通から北ではどこを流れていたのだろうか? 江戸期末の地図(文久二年「新増債権京絵図大全」復刻版)にあたってみました。

櫟谷七野神社

Photo_6

「社横町」の仁丹町名表示板
   町名は町内にある櫟谷七野神社にちなむ

Photo_9

 それによれば、かつての堀川は船岡山の南東、七ノ社=現・櫟谷七野神社(大宮通蘆山寺上ル西入 横町)の南側辺りに発して、蘆山寺通の北側に沿い大宮通まで東流。
 ここから向きを変え、大宮通の西側に沿って上立売通まで南流。(大宮通上立売上ルにある「樋之口町」は堀川の樋の口=水門があったことに由来する)
 ついで、流れはふたたび東に向きを変え、上立売通の北側沿いに芝辻子(芝薬師町)の辺りまで東流。
 ここで三たび流れは南に変わり、須磨町通(現・今出川通)の北側まで南流する。その南側には豊臣秀次ゆかりの村雲御所があった。(西陣織会館の敷地一角に「村雲御所跡」碑が建立されている)
 ここからすぐ東、現在の東堀川通に至り、あとは一路九条まで流れたあと、下鳥羽から鴨川・桂川へと合流していることが判った。

 このように、当時は上立売通より北にも旧堀川が流れていた。そして、流れに沿った道の界隈に居住した人々は、この道を堀川通と呼称していたものと思われます。その後、現・堀川通が拡幅整備されてその名称を奪われてしまった?
 こうした事情が、現在の堀川通から西に外れた場所にもかかわらず、天神辻子沿いに次のような仁丹町名表示板が設置されている理由なのでしょう。
 「上京區堀川通鞍馬口下ル 瑞光院前町」
 「上京區堀川通鞍馬口下ル 天神北町」
 これらの写真は、先頃の記事「辻子 ー天神辻子(てんじんのずし)とその周辺ー」に載せたので省略します。

 因に、このケースのように正式名称の無い(または無かった)通りは珍しくはなく、大宮通西裏(大宮通の西側の裏通り)や御前通西裏(御前通の西側の裏通りで、現・天神通)、三条通北裏(三条通の北側の裏通り)などの通称を持つ通りがある。
 これらは下記の仁丹町名表示板でも確認できる。

「上京區大宮通西裏廬山寺上ル一丁目 社横町」
  写真は上に掲げている

「上京區仁和寺街道御前通西裏西入 下横町」
   下大将軍通に面した横町ということが町名由来のようだ

Photo_11

「下京區三條通北裏白川筋東入上ル 堀池町」
   町名は三条白川坊に接した堀池殿の苑池跡に由来するらしい

Photo_13

« 看板 ー飲料 その3ー | トップページ | 月下氷人石 »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 看板 ー飲料 その3ー | トップページ | 月下氷人石 »