2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 懐かしいポスターと看板 | トップページ | 辻子 ー下ノ森通沿いの辻子 3の1ー »

2012年3月15日 (木)

「京七口」と街道 ー竹田街道ー

 竹田街道は、京都から竹田を経て伏見に至る街道。
 文禄年間に豊臣秀吉による伏見城築城後に開かれ、伏見街道と共に京都と伏見を結ぶ最も重要な幹線道路となる。

写真=京都駅ビル東側付近
 通り(東洞院通)の突き当りを御土居が東西に走っており、正面の低い建物の辺りに竹田口があったようだ。(JR京都駅0番線のプラットホームは御土居外側の堀跡にあたるらしい)

Photo

 竹田街道の道筋は二つあり、一つは京都から東洞院通を南下する道で、東洞院が洛中から洛外になる東塩小路辺りを竹田口と呼んでいた。
 竹田口を南下して鴨川を勧進橋で渡り、竹田の東部を通って伏見に至る道筋を東竹田街道といっていた。
 もう一つは、油小路通を南下して鴨川を竹田橋で渡り、竹田の南から東竹田街道に合流(現在の国道24号が竹田街道からそれて東南方向にカーブする「伏見加賀屋敷町」交差点辺り)する道筋があり、これは西竹田街道と呼ばれた。

写真=棒鼻車石

Photo_2

 一般的には、東洞院を南下する東竹田街道のことを竹田街道と呼んだ。
 東竹田街道は人道に沿って荷駄用の牛車の通行に便利なよう、車石が舗装道路のように敷設されていた。この東伏見街道は荷車や馬車が頻繁に往来する一方、西竹田街道は衰退していったようだ。
 なお、往時の竹田街道(旧道)の竹田久保町〜七瀬川町は東高瀬川沿いを通っていたそうだ。

写真=下神泉苑町(仁丹町名表示板)

Photo_8

写真=西朱雀町(仁丹町名表示板)
 下神泉苑町、西朱雀町などは京都から移り住んだ人々が、旧地の町名を開拓した町の呼称としたのである。

Photo_3

写真=東大黒町(仁丹町名表示板)

Photo_9

写真=京 橋
 江戸時代には、ここ宇治川派流〜濠川〜伏見港〜宇治川〜淀川へとつながり、この京橋船着場と大坂天満の八軒屋船着場は、京都・大坂を三十石舟で結ぶ淀川舟運の要衝となっていた。(埋め立てで川幅がすっかり狭くなってしまっているが、当時はもっと広かったそうだ)
 参勤交代の大名行列や伊勢神宮参拝にゆくなどの一般の旅人で、淀川水運を利用する人々はこの京橋に上陸し、陸路で山科を経て東上した。京橋北詰に脇本陣があったらしい。

Photo_4

写真=寺田屋
 京橋の東の畔にある寺田屋は三条小橋の池田屋と共に、維新史跡としてよく知られる。寺田屋事件や坂本龍馬が幕府の手に襲われるなどで有名。

Photo_7

« 懐かしいポスターと看板 | トップページ | 辻子 ー下ノ森通沿いの辻子 3の1ー »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

京七口・街道」カテゴリの記事

御土居」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしいポスターと看板 | トップページ | 辻子 ー下ノ森通沿いの辻子 3の1ー »