2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 大山崎(山崎) その2 | トップページ | 寝台特急「日本海」のラストラン »

2012年7月27日 (金)

実在しない町名 1 ー仁丹町名表示板からー 

それは、北区の「鷹野十二坊町」です。

Photo_2

 「鷹野十二坊町」が位置する蓮台野(船岡山から西、紙屋川に至る地域)の一角に、蓮台野村が文書に現れるのは、近世に入ってからのことのようだ。
 蓮台野は平野・北野・紫野・〆野・内野・上野・とともに洛北七野あるいは京都七野といわれ、桓武天皇以来の遊猟地、淳和天皇の離宮紫野院(雲林亭、後の雲林院)など身分の高い人々の別荘地とされた。
 蓮台野は船岡山の西から紙屋川にかけての一帯で、古くは東の鳥辺野・西の化野(あだしの)とともに葬送の地として知られた。地名の「千本(通)」は無数の卒塔婆が乱立していたことに由来するとも、また、菅原道真の左遷を供養して千本の卒塔婆を建てたことによるとも云われる。
 そして近代になり、明治8年(1875)に蓮台野村は西紫竹大門村へ合併するも、明治17年(1884)には鷹峯村と改称した。
 その鷹峯村は明治2年(1869)以降、行政上属していた紫竹大門村に合併したが、蓮台野村と同様に同17年(1884)以降は再び鷹峯村と称している。
(この間の明治2年、紫竹大門村は西部の鷹峯を中心とする一帯が西紫竹大門村、残る大部分は東紫竹大門村となっている)

 明治25年(1892)に鷹峯村の一部が分離して野口村となる。そして野口村は、大正7年(1918)京都市上京区への編入に伴って、鷹野十二坊町・鷹野花ノ坊町・鷹野東町・鷹野北町となった。
(「鷹野」の由来については確かなことを知らないが、鷹峯村から分村した野口村と云うことで、この2村の頭文字を取って名付けたのかも知れない)
 さらに、昭和16年(1941)鷹野十二坊町・鷹野花ノ坊町は、冠称を「鷹野」から「紫野」に変更した。
 このように、「鷹野十二坊町」というのは昭和15年までの公称町名であり、同16年以降は「紫野十二坊町」に変わったのである。
 なお、「十二坊町」の由来は上品蓮台寺に十二の子院が設けられていたことによる。

« 大山崎(山崎) その2 | トップページ | 寝台特急「日本海」のラストラン »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

「上京區鷹野十二坊町」の仁丹、非常に貴重ですよね。

行政区が縦書きというのも珍しいですが、何といっても行政区も町名も現状と一致しないものを、堂々と掲げておられるところが、これまた素晴らしい!

そして、実は地元の人もこの仁丹の存在に気づいておられませんし、また気づかれたとしても、その記載内容について解説できる方はまずおられないでしょう。

今、目の前にある光景なのに、説明できない。でも、仁丹が逆にそれを教えてくれる、と言うのが仁丹町名表示板の素晴らしいところです。

そうそう、以前にこの向かい側にも同じ鷹野十二坊町なる仁丹が存在したそうです。
でも、そちらは「上京區」が横書きだったそうですよ。

続編、楽しみにしております。

shimo-chan さん
コメントをありがとうございます。
「上京區鷹野十二坊町」の仁丹町名表示板、かつては千本通の東側にもあり、それは行政区名が縦書きだったというのは知りませんでした。

この記事は、地名への関心の延長ということで書いてみました。私は仁丹町名表示板写真のストックをあまり多く持ち合わせませんが、現在は実在しない町名ということではあと2〜3ヶ所位は何とか書けるかと思いますので、無理して気張ってみましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大山崎(山崎) その2 | トップページ | 寝台特急「日本海」のラストラン »