2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 実在しない町名 3 ー仁丹町名表示板からー  | トップページ | 京 都 ー自転車道周辺を巡るー 1 »

2012年11月30日 (金)

実在しない町名 4 ー仁丹町名表示板からー 

 それは、下京区の「島原 西新屋敷 上之町」などの6町です。

 この「島原」というのは、かつて「西新屋敷」にあった遊廓の通称名でなのです。したがって「島原」は公式には広域地名でも、町名の一部でもありません。地図の町名索引でも西新屋敷○○町として出ています。
 さて、その島原は江戸の「吉原」、大坂の「新町」とともによく知られた公許の三大遊廓の一つでした。公許の遊廓は全国的に多くあり、同じ寛永年間に開かれた長崎の「丸山」遊廓を三大遊廓の一つに数えるものもあると云う。

 次の仁丹町名表示板に記された町名は、正しくは「西新屋敷 上之町」「西新屋敷  下之町」となります。
 この「西新屋敷」の付く町は他に、「太夫町」「揚屋町」「中之町」「中堂寺町」があり、合わせて6つの町がある。

Photo

Photo_2

 「西新屋敷」の由来は、公許の遊廓が幕府の命令により、次のように転々と移って行く過程で付けられたものでした。

二條柳町
 天正17年(1589)、豊臣秀吉の認可を得て、洛中の傾城屋を一カ所に集めて公許の遊廓ができ、ここを「二條柳町」と称した。
 そして、関ヶ原の戦いのあと慶長5年(1600)江戸幕府の創立で政権交代すると、徳川家康は京都支配のため、慶長7年(1602)二条城の建設に着手する。そうなると、上京と下京の境界となっていた二条通は二条城の大手筋にあたる道路ということになった。ところが、二条城・二条通の東方に存在する傾城町は風儀の上から由々しい問題となってきたのです。

六條柳町
 そういう事情で、慶長7年(1602)二條柳町の遊里は、六條室町に移されて「六條柳町」と称することになりました。そしてここは「六條三筋町」とも呼ばれる。こうして、新しく開かれた所であることから通称「新屋敷」となった。
 しかし、未開発地であった洛南六條柳町の周辺も、傾城町と共に発展して行き都市化が進むにつれ、ここでも矢張り風儀上・教育上問題があるため、その存廃問題が生じることとなりました。

西新屋敷
 こうして、寛永17年(1640)六條柳町の「新屋敷」から、慌ただしく移転させられた辺鄙な西方の朱雀野の地を「西新屋敷」と称したのです。
 この「西新屋敷」が俗に「島原」と称された由来は、諸説あって必ずしも明らかではないようです。突然の移転騒動が、三年前の島原の乱のようだと評されたからというもの、また、この傾城町の回りには堀が巡らされ、出入り口が一カ所で外界と隔てられているのが島原城に似ているというのもあるようです。

« 実在しない町名 3 ー仁丹町名表示板からー  | トップページ | 京 都 ー自転車道周辺を巡るー 1 »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実在しない町名 3 ー仁丹町名表示板からー  | トップページ | 京 都 ー自転車道周辺を巡るー 1 »