2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 鴨川とその周辺 その3 | トップページ | 春の妖精(カタクリ) »

2013年3月29日 (金)

鴨川とその周辺 その4

女紅場

 婦女子の教育機関として設けられたものです。明治5年(1872)土手町通丸太町下ル駒之町の九条家別邸跡に設置された「新英学校女紅場」が最初で、後に府立第一高等女学校(現・鴨折高等学校)となる。新英学校は中等普通教育の英学と、裁縫その他の女子に必須の教養の二部門を教授した。
 次いで小学校区ごとに設けられて、裁縫・編み物・手芸・料理などを無料で教え、女子の就学率向上に成果を上げたと云う。
 祇園・島原・上七軒・先斗町などにも芸妓の教育機関として、遊所女紅場が設置されていたそうです。

Photo_14


舍密局(せいみきょく)

 土手町通夷川上ル鉾田町にある銅駝美術工芸高校は、明治3年(1970)に設置された舍密局の跡地に建つ。セイミはオランダ語の化学(英語ではケミストリー)を意味するそうです。
 ドイツ人化学者のワグネルの指導のもと、石鹸・ビール・洋酒・ラムネ・陶磁器・ガラス・顔料などの製造、実験や講習にあたり、京都の産業近代化に大きく貢献しました。

Photo_15


新生洲町

 鴨川東岸のこの一帯は聖護院村の畑地であったが、享保19年(1734)に北野吉祥寺が所司代と町奉行に開発を出願、二条新地を造成した。はじめ新先斗町と大文字町、続いて新生洲町・難波町・中川町・杉本町ができて、幕府はここに旅籠屋や茶屋を免許したため遊興地ができた。
 ここ新生洲町は、川魚料理を食べさせる料理屋の生簀が町名の起源になったと考えられる。なお、新生洲町北端の東隣にある中川町との間の小道を、「雪踏辻子」、別名「ねぶとのずし」とも称していたようだ。

Photo_17


高瀬川の水源(取水口)

 高瀬川は慶長19年(1614)、角倉了以・素庵の父子により物資輸送のための運河として開削された。
 この写真は普通はあまり目にする機会はないと思われる取水口です。鴨川西岸二条通の南側、東生洲町で禊川から取り入れており、すぐそばの「樋之口町」の町名由来は、この取水口に因む。

Photo_18

« 鴨川とその周辺 その3 | トップページ | 春の妖精(カタクリ) »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

道標・史跡などの石碑」カテゴリの記事

カメラ散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鴨川とその周辺 その3 | トップページ | 春の妖精(カタクリ) »