2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク集

無料ブログはココログ

« 鴨川とその周辺 その4 | トップページ | 鴨川とその周辺 その5 »

2013年4月 5日 (金)

春の妖精(カタクリ)

 カタクリの花は早春の落葉広葉樹林の林床に群れて咲きます。
 可憐な花ですが咲いているのは束の間と云った感じで、ヨーロッパでは、Spring ephemeral(春の儚い命)と呼んでいます。
 昔はこの花の球根から片栗粉を採っていたが、今ではジャガイモの澱粉から作られる。

 

Dscn0673_3

 

 カタクリの種子の先にはエライオソームという、蟻の好む芳香性の物質が付いているということです。これには脂肪酸・アミノ酸・糖が含まれており、蟻はそれに惹かれて種子を巣に持ち帰ります。
 ところが、蟻はエライオソーム以外は利用せずに種は捨ててしまうため、種は運ばれていった先で発芽します。このような植物を「蟻散布植物」と呼ぶそうです。(スミレの種子もこの物質を付ける)

 

Dscn0675_2

« 鴨川とその周辺 その4 | トップページ | 鴨川とその周辺 その5 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鴨川とその周辺 その4 | トップページ | 鴨川とその周辺 その5 »