2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 鴨川とその周辺 その7 | トップページ | 辻子 ー長門辻子とその周辺ー »

2013年4月26日 (金)

辻子 ー天性寺辻子と新辻子ー

天性寺辻子

Photo_10

 天性寺と本能寺の間を寺町から河原町に抜ける小路で、下本能寺前町・下丸屋町と天性寺前町・恵比須町の境界にあたる。
 『京町鑑』の寺町通「天性寺前町」には、「此町東がは北よりに東へ行辻子有  川原町通へ出る也」とある。
 辻子名は姉小路の南側、寺町通に西面してある天性寺に由来する。

天性寺

Photo_11

 天性寺は浄土宗の寺で山号は曼陀羅山。奈良当麻寺の僧眼誉がはじめ西陣の当麻町(現在の蔓陀羅町)に興し、天正15年(1587)豊臣秀吉により現在の地に移転させられた。

本能寺

Photo_12

 天正10年(1582)6月2日早暁、本能寺に宿泊中の織田信長は明智光秀の襲撃に遭って自殺した「本能寺の変」は有名である。(このあと、明智光秀は羽柴秀吉に山崎の合戦で敗れる。)
 本能寺はその時に兵火で焼失したが、再建中に豊臣秀吉の京都改造により現在地に移転した。

仁丹でない町名表示板

 仁丹以外にも多くの広告主が各所に町名表示板を設置していますが、その広告主(企業)のかなり多くが今では消滅しています。この町名表示板は天性寺前町の南側に隣接する石橋町にあります。
 広告主は「久彌洋裁学院」となっているが、昭和40年代くらいまで荒神口通の賀茂川畔北部の久彌宮家本邸跡にあったが、現在では学院自体がもう存在しない。跡地はKKRホテル&リゾートチェーンの「KKR京都くに荘」となっている。

Photo_13

 それはさておき、現在地に移転する前の本能寺は四条坊門西洞院(四条坊門は現在の蛸薬師通)にありました。その旧地には、その名残が本能寺町・元本能寺町・元本能寺南町などの町名として残っている。
 そしてさらに、その本能寺旧地にも辻子がありました。それは、「新辻子」です。


新辻子

Photo_14

 小川通の蛸薬師通・錦小路通間を云い、元本能寺南町・空也町を通貫している。
 『京町鑑』の「小川通」に、「たこやくし下ル  本能寺南町  又◯新辻子ともいふ此町の南の辻錦小路通にて行當也」と出ています。

 辻子の名称について、『京都坊目誌』には、本能寺の旧地であったが移転したあとに新しく開けた所であるのが、辻子名の由来だとしています。
 
 なお、空也町には空也の創建になる堂があったというが、確認されていないようだ。しかし、すぐそばの蛸薬師通油小路西入に北面して、空也堂極楽院(光勝寺)というのがあり、ここは空也上人の開創といわれる。

空也堂(空也町)

Photo_15

仁丹町名表示板

Photo_16

« 鴨川とその周辺 その7 | トップページ | 辻子 ー長門辻子とその周辺ー »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鴨川とその周辺 その7 | トップページ | 辻子 ー長門辻子とその周辺ー »