2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

辻子 ー竈(へっつい)辻子とその周辺ー

竃辻子(本能寺辻子・妙満寺辻子とも)

 この辻子も現在は存在していません。(末尾の【註】をご覧下さい)
 天保2年(1831)刊『改正京町絵図細見大成』によれば、妙満寺(昭和43年左京区岩倉幡枝町に移転)と本能寺の間で、寺町通・河原町通間を通る東西の辻のことらしく、河原町西入に「へっつい屋」のあったことが名称の由来と云う。「へっつい」とは、竃=かまどのこと。
 なお、慶応4年(1868)刊『改正京町御絵図細見大成』では「本能寺ノ辻子」と記している。

 市役所庁舎と北庁舎の間の隙間

Photo_24

 現在の榎木町と上本能寺前町の境界、一之船入町の河原町西側辺りにあった模様。したがって、位置的には現在の押小路通(平安京の押小路)よりも南側、京都市役所庁舎裏側と押小路沿いにある北庁舎との間辺りにあったのではなかろうかと考えます。
 なお、先頃記事にした「長門辻子」はこの「へっついの辻子」の東方にあたる付近に所在したものと思われる。

 京都市役所庁舎

Photo_25

仁丹町名表示板「妙満寺前町」と「上本能寺前町」

 町名は言うまでもなく、両寺院があったことによる。
 なお、「上本能寺前町」の方は、最近になって設置された平成版とでも云うべきものですが、重厚さが無い薄っぺらな印象を受けます。

Photo_26

N

【註1】『京雀跡追』(延宝6年刊)を眺めていて、「諸職一覧」の中で次の記述が目につきました。
 「へつついや おし小路川原丁西へ入」
 ということは、この辻子は消滅しておらず、現在の押小路通の河原町通と寺町通間に相当するのかもしれません。
 (2015.7.9に追記)

【註2】『京都坊目誌』(大正4年刊)に次のような記述を見つけました。
 「上本能寺前町」の項に「因に云ふ元。押小路より東。河原町に通する小径あり。[本能寺と妙満寺との間。今。市役所の背後に塀ある所なり]   妙満寺ノ辻子。叉竈辻子と呼ぶ。維新後之を塞ぐ。」とあります。
 これにより、不確かで心許ない感じが払拭されました。辻子の位置は押小路通ではなく、矢張り市役所の背後(裏手)にあったが、明治2年に塞がれて無くなったのです。辻子の別称が一つ増えました。
 (2016.11.7に追記)
【註3】:『京町鑑』(宝暦12年刊)には次のような記述あり。
 「上本能寺前町 此町東がは北よりに東へ行辻あり 川原町通へ出る也  俗にへつゝいのづしと云  則川原町西入所半町ほど兩側へつゝいや有」

2013年5月24日 (金)

中世末の京都とキリスト教 ー南蛮寺跡3−

 タイトルは表記のように「南蛮寺跡」シリーズの続編ですが、内容的には辻子シリーズ「辻子 ーだいうすの辻子と富田之辻子ー」を兼ねたものとなっています。


だいうすの辻子

 上京区油小路通元誓願寺下ルにあり、革堂西町と元百万遍町の境界、その西の竪富田町を通貫している小道です。
 なお、「だいうす」とは「ゼウス」のことです。

Photo_7

 徳川家康の支配下で再建された南蛮寺が近くにあったことが、平安城東西南北並之図に出ているとのこと。また、貞享3年(1686)京大絵図と、元禄9年(1696)京大絵図には「大う寸丁」と記されています。
 「一条の北、油小路と堀河の間、近世に耶蘇宗門の寺があって、ここに在る町のことを、徒斯(デイス)を誤って太宗須(ダイスス)と云い、故に今では太宇須辻子(だいうすのずし)と称する」と貞享3年(1686)刊の『雍州府志』には記しているようです。

竪富田町の仁丹町名表示板
 錆が酷くて読み辛いのですが、「上京區 東堀川通一條上ル東入 竪富田町」となっています。

Photo_8


富田之辻子

 「だいうすの辻子」西方にあたり、「竪富田町」を通貫して東堀川通に至る部分を「富田之辻子」と称した。

Photo_9

 「南蛮寺跡」シリーズは今回をもって一応の終わりとします。

2013年5月17日 (金)

中世末の京都とキリスト教 ー南蛮寺跡2−

 前回は姥柳町の南蛮寺跡を紹介しましたが、他にも数カ所に建立されたようです。古絵図などには、「だいうす丁(町)」「だいうすの辻子」などと記されていますが、そのいくつかを記してみます。


菊屋町
(下京区若宮通松原上ル)

 貞享3年(1686)京大絵図、元禄9年(1696)京大絵図と元禄九年京都大絵図には「太う寸丁」とあって、寛文5年(1665)刊の「京雀」には「往昔此町に伴天連が住みて、堤宇子(だいうす)の法を勧めしを、太閤秀吉公禁制せられ寺を壊れたり」と、町名の由来を説いているという。
 一方、「菊屋丁」と現町名を記す古絵図もあり、寛永年間には併用されていた模様。

菊屋町の仁丹町名表示板

Photo_4


佐竹町(下京区岩上通綾小路上ル)

 民間刊行の木版図は寛永18年(1641)以前平安城町並図以下「たいうす丁」、そして貞享3年(1686)京大絵図、元禄9年(1696)京大絵図に『大う寸丁』とあり、フランシスコ会系の南蛮寺が建立されていたと見られるが、文禄5年(1596)秀吉の伴天連追放令により破却された模様。
 そして現在、佐竹町の一角に「南蛮寺跡 キリスト教文化資料館 フランシスコの家」というのがある。

Photo_5

キリシタン灯籠

Photo_6

 次回は、やはり南蛮寺があったとされる堀川一条付近について書いてみます。
 この辺りは「だいうすの辻子」と呼ばれた所ですから、辻子シリーズと兼ねたものとなります。

2013年5月10日 (金)

中世末の京都とキリスト教 ー南蛮寺跡1−

キリスト教伝来と禁教令

  戦国時代の天文18年(1549)、カトリック教会(イエズス会)宣教師のフランシスコ・ザビエルが薩摩半島(坊津)に上陸。薩摩藩の宣教許可を得て初めて日本にキリスト教を伝えた。

 キリスト教は織田信長の保護政策のもと、日本での布教活動を進めて信者を増やした。
 次の豊臣秀吉は初めはこれを継承していたが、キリスト教徒が仏教徒や神道信者を迫害したこともあったため、天正15年(1587)に伴天連追放令を発令してキリスト教宣教と南蛮貿易を禁止するに至る。
 そして、徳川家康は一時は布教を認めたが、鎖国政策を採って諸大名と幕臣に対してキリスト教の禁止を通達した。以後、隠れキリシタンと呼ばれる人々により信仰は伝えられ、江戸時代末の禁教令の解除までには約250年を要した。

京都の南蛮寺

 伴天連追放令が発令される以前、日本に建立されたキリシタン聖堂を南蛮寺と云ったようだが、16世紀後半の京都でも数カ所に建立されたらしい。


姥柳町の南蛮寺跡
(上京区蛸薬師通新町東入)

Photo

 寛永14(1637)洛中絵図には「むば柳町」とあるが、貞享3年(1686)京大絵図と元禄9年(1696)京都大絵図には「上柳の丁」となっている。
 ルイス・フロイスの「日本史」では、永禄から元亀(1558〜1573年)の頃、姥柳町辺りにあった京都のイエズス会教会堂が老朽化していたため、織田信長の保護を得て新聖堂の建立を許され、天正5年(1577)に完成したという。
 (次の写真、クリックすると拡大して文字が読みやすくなります)

Photo_2

姥柳町の仁丹町名表示板

Photo_3

 なお、南蛮寺は姥柳町の他にも京都の数カ所に建立されたようで、古絵図などには、「だいうす丁(町)」「だいうすの辻子」などと記されている。「だいうす」とは「ゼウス」のことであるが、宣教師やキリスト教的なものの代名詞としても使われていたらしい。

2013年5月 5日 (日)

辻子 ー長門辻子とその周辺ー

長門辻子

 一之船入町のうち河原町通の東側、その南半分くらいが長州毛利家の藩邸であったが、江戸中期頃までは屋敷地が南北二ヶ所に分れていた。その二ヶ所に分かれた長州藩屋敷地の間を東西に延びる小道を「長門辻子」と称していたという。

 この辻子に該当する小道は現在は存在しない。しかし、古絵図等の記載によれば、一之船入町と下丸屋町の境界辺りから少し北寄り、いま佐久間象山遭難之碑の建っている辺りを河原町通まで西行していたのではないかと思われる。
(さに非ずでした。訂正しましたので記事末尾の【註】をご覧願います。)

佐久間象山遭難之碑

Photo_19

 一之船入のすぐ南にある東西の通りは押小路通で、これは平安京からあった「押小路」に相当するため、これがマイナーな小路である「長門辻子」である筈はないだろう。と思いきや、これがまさに「長門辻子」でした。

現・押小路通

Photo_20

Photo_18

 一之船入町は高瀬川の最上流に、「一之船入り場」があったことによる。ここを起点に上下する高瀬舟と、高瀬川の管理者であった角倉家の屋敷があった。

「一之船入り場」跡

Photo_21

Photo_22

 なお、一之船入町の北側に隣接して木屋町通に面するする「西生洲町」は、今では島津創業記念資料館の敷地があるだけのごく狭い町地です。木屋町通東側の高瀬川取水口のある東生洲町と共に、町地として開かれたときに高瀬川の支流を作り、ここに魚を放流飼育して販売したのが町名の謂れであると云う。

仁丹町名表示板「西生洲町」

Photo_23

【註】『京都坊目誌』中「一之船入町」の項に次の記述がありました。「叉ホテルの北、東西の小路を長門ノ辻子と字す」 このホテルは河原町通御池上ルの現・京都ホテルオークラです。
 したがって、最初はこの辻子に該当する小道は現在は存在しないとしていましたが、長門辻子を押小路通の河原町と木屋町通の間と訂正します。 

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »