2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 中世末の京都とキリスト教 ー南蛮寺跡2− | トップページ | 辻子 ー竈(へっつい)辻子とその周辺ー »

2013年5月24日 (金)

中世末の京都とキリスト教 ー南蛮寺跡3−

 タイトルは表記のように「南蛮寺跡」シリーズの続編ですが、内容的には辻子シリーズ「辻子 ーだいうすの辻子と富田之辻子ー」を兼ねたものとなっています。


だいうすの辻子

 上京区油小路通元誓願寺下ルにあり、革堂西町と元百万遍町の境界、その西の竪富田町を通貫している小道です。
 なお、「だいうす」とは「ゼウス」のことです。

Photo_7

 徳川家康の支配下で再建された南蛮寺が近くにあったことが、平安城東西南北並之図に出ているとのこと。また、貞享3年(1686)京大絵図と、元禄9年(1696)京大絵図には「大う寸丁」と記されています。
 「一条の北、油小路と堀河の間、近世に耶蘇宗門の寺があって、ここに在る町のことを、徒斯(デイス)を誤って太宗須(ダイスス)と云い、故に今では太宇須辻子(だいうすのずし)と称する」と貞享3年(1686)刊の『雍州府志』には記しているようです。

竪富田町の仁丹町名表示板
 錆が酷くて読み辛いのですが、「上京區 東堀川通一條上ル東入 竪富田町」となっています。

Photo_8


富田之辻子

 「だいうすの辻子」西方にあたり、「竪富田町」を通貫して東堀川通に至る部分を「富田之辻子」と称した。

Photo_9

 「南蛮寺跡」シリーズは今回をもって一応の終わりとします。

« 中世末の京都とキリスト教 ー南蛮寺跡2− | トップページ | 辻子 ー竈(へっつい)辻子とその周辺ー »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中世末の京都とキリスト教 ー南蛮寺跡2− | トップページ | 辻子 ー竈(へっつい)辻子とその周辺ー »