2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 神護寺、文覚(遠藤盛遠)、文覚町 | トップページ | 近世の街道 ー車道・車石ー »

2013年6月28日 (金)

辻子 ー宇賀辻子とその周辺ー

宇賀辻子

 宇賀神社(東九条東札辻町)東側を北東に延びる小路で、東九条宇賀辺町・東九条南松ノ木町・東九条東札辻町を通貫している。
 写真で神社玉垣の外(右)に見える道が宇賀辻子です。

Photo

 辻子の名前は、東九条村(現在は「東九条」を冠称する38の町に分かれている)の産土神=氏神として崇敬される宇賀神を祀る「宇賀神社」に由来する。
 『都名所圖会』に、「宇賀社は九條の東にあり、祭所宇賀神なり。此所の東西の徑を宇賀辻子といふ。」とある。
 伝承に、藤原鎌足がこの辺りを遊猟中に金璽を得た。そして、後世この辺りに都が移され子孫が繁栄することを予知して金璽を埋めたのが宇賀塚であるとし、この塚が今の宇賀神社であると云う。

宇賀神社

Photo

 この地域一帯は現在の南区の中心域であるが、もとは九条家の所有する荘園で東九条庄と称された。
 東九条庄は平安時代後期の公卿で、法性寺殿と呼ばれる藤原忠道のときに忠道の息女聖子(皇嘉門院)の所領として立庄され、以来九条家に代々継承されて九条家をはじめ藤原一門の邸宅や別荘が営まれた地であると云う。
 この東九条荘は荘園の実務を委譲された下司職(家司)の石井一族によって、室町・戦国期の荘園経済崩壊期をくぐり抜け中世末まで維持されたそうだ。
 この東九条庄一帯の地域が「東九条」と呼ぶようになり、地名として史料に現れるのは室町期以降のことだそうです。

東九條御霊町(仁丹町名表示板)
  (現在の町名は「東九条西御霊町」です)

 

Photo_2
 竹田街道の西側になります。
 もとは「東九条村字御霊町」でしたが、昭和18年に一部が東九条西札辻町・東九条西御霊町となり、同26年に残余が東九条上御霊町・東九条中御霊町・東九条東御霊町となった。したがって、この表示の町名は昭和18年以前のものということになります。
 なお、慶長年間に角倉了以により高瀬川が開削されましたが、これは上樵木町(現中京区)を起点とし、この町の南東になる東松ノ木町の辺りで鴨川に合流している。

« 神護寺、文覚(遠藤盛遠)、文覚町 | トップページ | 近世の街道 ー車道・車石ー »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

宇賀ノ辻子が 記載の道というのは どの史料から のものですか?ご教示お願い申し上げます。

宇賀辻子は東西の札ノ辻通ではないのですか?
斜めの道は比較的あたらいしい あぜ道ではないですか? 畑に耕作に行く ごく少数の農耕者のみが通行していたのではないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神護寺、文覚(遠藤盛遠)、文覚町 | トップページ | 近世の街道 ー車道・車石ー »