2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 祇園祭と山鉾  | トップページ | 鉾町に残る仁丹町名表示板 2 »

2013年7月26日 (金)

鉾町に残る仁丹町名表示板 1

 先頃の記事更新では、「祇園祭と山鉾」を載せました。
 その時に改めて思ったのですが、山鉾を出している「鉾町」と、鉾町を支えていた周辺の「寄町」と云われる町々を合わせると、かなりの数の仁丹町名表示板を見ることができます。(もっとも、平成23年に新規設置されたものも含まれますが・・・)
 そこで折々に、鉾町(寄町を除く)に存在するものに限り、山鉾の由縁や町名の由来などとあわせて記事にすることとします。

山伏山町

Photo

 山伏山町は室町通を挟む両側町で、蛸薬師通と錦通の間。
 応仁の乱以前から祇園会に「山伏山」を出しており、町名はこの山の名前に因む。
 この山伏山、本来は前の祭に巡行しました。(元々、前の祭と後の祭りは別の日に山鉾の巡行をしていたが、昭和41年(1966)から交通規制などの問題から合同巡行となっていた。しかし、ふたたび別日の巡行に戻すことで検討されているようです)

Photo_2

 「祇園会山ほこの次第」(祇園社記)には「山ふしほく」とあるようで、当時は「山」ではなく「鉾」だったようです。
 御神体は山伏が山へ修行に入る姿を表しており、右手に数珠、左手に斧を持ち、腰に法螺貝を付けている。この山伏は三善清行(平安前期の学者)の子、修験者の浄蔵貴所であるとされる。
 浄蔵は傾いた八坂五重塔(法観寺)を法力で直したり、父が亡くなった時に修行中の熊野から急遽戻ってきて、一條戻橋を行く葬列に追いついて祈祷すると、父は蘇生して邸に引き返したと云う「一條戻り橋」の伝承で有名です。

小結棚(こむすびだな)町(平成版の仁丹町名表示板)
 この町名表示板、どうも味わいに欠ける気がします。

N

 小結棚町は新町通を挟む両側町で、錦小路通と四条通の間。
 町名の由来について、古文書・古絵図には「こゆひノ棚町」とあり、元禄2年刊「京羽二重織留」には「小結ゑぼしを造る者いにしへ新町四条に有、其所を小結の棚と云今あやまり恋の棚と云う」と記すそうです。また、「鯉棚町」と表記されたこともあったようです。

 応仁の乱以前から「放下鉾」を出しており、前の祭に巡行した。明応9年(1500)復興時の「祇園会山鉾次第以籤定之」(祇園社記)には、「はちか山」と記しているが、これは「はうか山」の誤りか。
 放下僧(ほうげそう)の像を祀るのが鉾の名の由来とするようだが、一説に謡曲「放下僧」の趣向をとったとも云われます。
 鉾頭が「州浜(菓子)」に似ていることから「すはま鉾」とも云われます。

« 祇園祭と山鉾  | トップページ | 鉾町に残る仁丹町名表示板 2 »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祇園祭と山鉾  | トップページ | 鉾町に残る仁丹町名表示板 2 »