2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 鉾町に残る仁丹町名表示板 6 | トップページ | 辻子 ー四天辻子(主典辻子とも)ー »

2013年9月 6日 (金)

辻子 ー北斗辻子とその周辺ー

北斗辻子

 「北斗辻子」は本町通七条下ル一筋目を東行し、その先を南に折れてす辰巳町との境界までのクランク型の小路。ただし、現状は大和大路まで抜ける道となっている。
 もとは本町七丁目・北斗町・西之門町を通貫していた。

Photo

辰巳町(仁丹町名表示板)

Photo_3

 北斗辻子と「北斗町」の名称由来は法住寺殿の境域にあった北斗堂に因むと云う。
 *法住寺殿・・・後白河天皇が出家後、法住寺焼亡跡地に後院(離宮)を営みましたが、これが法住寺殿と呼ばれて後白河天皇院政の拠点となった院御所です。
 「西之門町」は三十三間堂の西門前に位置する町ということでしょうか。

 ついでに、珍しいものを紹介しましょう。
 東山区というのは、昭和4年に下京区から分区して成立しました。したがって、それ以前に設置された仁丹町名表示板の行政区表示は、略すべてが「下京區」となっています。
 しかし、珍しいことに「東山區」表示のものがこの近くにあるのです。(現存では唯一のものかも?)
 「東山區」表示で作成されたものがこれ以外には無かったと云うことはないでしょうから、何らかの事情で取り外して保管されているものが日の目を見ることになれば楽しいのですが・・・。

一橋宮ノ内町(仁丹町名表示板)

Photo_2

 昭和4年に下京区から分区して東山区が成立した当時は、柳原村の村名を冠称する複合町名「柳原宮ノ内町」と称していました。(「柳原村」は大部分が下京区に属していたが、鴨川東岸の柳原宮ノ内町と柳原野本町のみが東山区に入った。柳原の地名由来は近世以前に柳原家領であったことによると云う。)
 その後、昭和6年に冠称を「柳原」から「一橋」に変更して、現在の「一橋宮ノ内町」となったのです。「一橋」の由来は、本町通の「本町十丁目」と「一之橋町(現・本町十一丁目)」の間、一之橋川(今熊野川)に架かっていた橋からきています。

« 鉾町に残る仁丹町名表示板 6 | トップページ | 辻子 ー四天辻子(主典辻子とも)ー »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉾町に残る仁丹町名表示板 6 | トップページ | 辻子 ー四天辻子(主典辻子とも)ー »