2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

無料ブログはココログ

« 鴨東地域の移り変わり 7の3 | トップページ | 鴨東地域の移り変わり 7の5 »

2014年1月31日 (金)

鴨東地域の移り変わり 7の4

3. 近世までの鴨東南部

 平安時代の後期になると院政から武家政治に変わり、政治の中心地も岡崎から他に変わりました。
 平氏が政治の実権を握ると、六波羅の地に平氏一族の政庁と一門の武家町ができます。この六波羅というのは現在の松原通辺りにある六波羅蜜寺を中心とする一帯で、平家武将の邸宅や政庁が所在したところが、「池殿町」「三盛町(旧泉殿町)」「門脇町」「多門町」などの町名として現在も名残を留めています。

多門町(仁丹町名表示板)
 「樋口小路」というのは平安地名で、現在の万寿寺通に相当します。

Photo_3

 しかし、その平氏も文治元年(1185)に滅亡します。
 次いで興った鎌倉幕府は、後鳥羽上皇が倒幕のために起こした承久の乱(1221年)で勝利を収めると、この六波羅の地を接収して六波羅探題を置いて、朝廷の監視や京都支配のため行政・治安の任に当たりました。

六波羅
 「六道の辻」から東方(清水寺方面)を望む

Photo_4

 しかし、元弘3年(1333)足利尊氏が六波羅を陥れるなどして、鎌倉幕府が滅びてしまうと、室町時代以後の六波羅は信仰と遊興の地へと変わっていったようです。
 そして、近世に入ると寛文9年(1699)には大規模な鴨川改修(寛文新堤築造)がおこなわれ、四条河原(鴨川と四条の交わる地域一帯の名称)をはじめ鴨川東岸は「洛外町続き町」として開発され、市街地化が進んでゆきます。
 なかでも、鴨川東岸四条通の南北には芝居小屋や人形浄瑠璃小屋が軒を連ね、料理屋・茶店も建ち並び、川瀬には水茶屋・見せ物・遊戯小屋などで賑わいを見せていたようです。また、東山一帯の祇園社(八坂神社)や清水寺などへの参詣人や物見遊山の人々相手の水茶屋なども商いをしていたようです。

五条大橋から東山を望む
 右手建物は「南座」。(道路を挟み左手には「北座」があったようです)

Photo_5

 豊臣秀吉が方広寺参詣の便を図って、五条橋を五条大路(現・松原通)から五条坊門小路(現・五条通)に架け替えていますが、これも鴨川南部東岸の洛中化を促すこととなったかも知れません。

牛若丸と武蔵坊弁慶が出会ったのは現在の五条大橋ではありません。

Photo_6

 このように鴨東の南部は北部白川の地とは異なって、主には平安時代後期以降になってから開かれ、都市化の進んでいった地域であるように見受けられます。

(次回に続く)

« 鴨東地域の移り変わり 7の3 | トップページ | 鴨東地域の移り変わり 7の5 »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

京都の移り変わり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鴨東地域の移り変わり 7の3 | トップページ | 鴨東地域の移り変わり 7の5 »