2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 暖簾いろいろ その2 | トップページ | 辻子 ーマンネンジノズシー »

2014年4月25日 (金)

看板いろいろ その1

磔磔(たくたく)

_01

 京都のいわゆる老舗ライブハウスです。
 1974年の開店当初は音楽喫茶だったようで、ライブをやりだしたのは翌1975年5月からとのことなので、今年は丁度創立40周年になるわけです。
 初期の2〜3年だけを見ても、錚々たる顔ぶれが見られます。やしきたかじん、憂歌団、南らんぼう、なぎら健壱、南佳孝、桑名正博・・・・・などなど。
 今年の5月は40周年記念ライブとしていろいろと多くのイベントがあり、2日間にわたって「細野晴臣コンサート2014 磔磔40周年記念ライブ」が催されるようです。
 ついでながら、「磔磔」の意味を大字典で調べて見ると「物の聲の形容」だそうです。つまり、ことこととたたく音や、鳥が羽ばたく音などを形容するようです。……ところが〜、「磔」一字だけになると、チョット怖じ気をふるうような意味があって、およそライブハウスの名前とは縁遠い感じです。

 

無二膏

_01_2

 腫れ物の膿を吸い出す塗り薬(膏薬)。
 切り傷にも効果があり、「世に二つとしてない妙薬」と云う意味で「無二膏」と名付けられたとのこと。
 近江の医師が徳川三代将軍家光の時代に京都に移り住み、御殿医を勤めながら庶民のために作ったのがこの膏薬だと云う。

 

松楳園

_01_3

 筆・墨・硯・紙を商う店ですが、この筆の看板は判りやすいですね。
 店名の字が「楳(うめ)」ではなく「煤(すす)」であれば、松の根を燻べて煤煙から採取したススから作った墨ということで、ズバリ商っている商品が判るのですが。

 

菜根譚

_01_4

 中国家庭料理の店。
 「菜根譚」というのは、中国明代の人である洪自誠の著作で、日本では江戸時代に翻訳されていたらしいです。
 その内容は、「処世訓」「箴言」「金言」「警句」などと云われる内容をもっており、著名人を含めて多くの人々が座右の書としてきたようです。
 野菜の根は筋が多くて固いものだが、それでもよく噛めば味わいのあるもの。
 「菜根譚」も読む人によって、またその時の心境や境涯によって、味わい深くて心を惹かれる章句に行き当たるようです。

 

 

« 暖簾いろいろ その2 | トップページ | 辻子 ーマンネンジノズシー »

看板・ポスター・暖簾」カテゴリの記事

コメント

I loved your post.Much thanks again. ekddcecbcaed

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暖簾いろいろ その2 | トップページ | 辻子 ーマンネンジノズシー »