2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 看板いろいろ その2 | トップページ | 辻子 ー鼠辻子ー »

2014年5月30日 (金)

辻子 ー楊梅辻子ー

楊梅辻子(やまもものづし)

Photo_10

 東洞院通五条を南行すると一筋南を西に延びる道が楊梅通、さらに一筋南にこれも西に延びるのが鍵屋町通です。
 楊梅辻子は、この二つの通りの中程を東方へと延びる通りです。東洞院通から東へ高倉通までの間で、下京税務署の南側を宗仙寺に行き当たる小路です。
 東洞院通〜高倉通間には下坂通の別称がありますが、その由来は明らかではありません。
 貞享2年(1685)刊『京羽二重』には、「楊梅辻子(やまもものずし) 五條はし通(現・五条通)の壱町南 たかくら通にしへ入町」と記しています。
 福島町・大津町・堺町の三町(北側)と、和泉町・塗師屋町・富屋町の三町(南側)との境界をなしています。
 因に、楊梅通は平安京の「楊梅(やまもも)小路」に該当するそうです。

 ところで、現在の地図を見ると、楊梅通は東洞院通〜東中筋通間を東西に延びる通りです。しかし、前掲の『京羽二重』には、「楊梅通」を「ひがしは高倉通より にしへさめがい通迄」と記しています。
 したがって、楊梅通からは南にずれて位置していますが、楊梅辻子も楊梅通の一部ということが判ります。

 続・ところで、この楊梅辻子にある「塗師屋町」の民家に付いている仁丹町名表示板には、「下坂通間ノ町西入」と表記されています。
 地元では楊梅通よりも、「下坂通」という通称で通っているようで、表札に書かれた地名表示も「下坂通東洞院東入ル」と表記している家がありました。
 慶応4年(1868)刊『改正京町御絵図細見大成』を見ると、ここを「下坂丁」としています。しかし、今では「下坂町」と云う町は存在しませんが、通称名「下坂通」にその名残を留めているようです。

 続続・ところで、宝暦12年(1762)刊『京町鑑』には、「魚棚通(現・六条通のこと)」の項で「此通魚や多し 故に是を下魚棚といふ 高倉より東洞院までを下坂といふ 由縁詳ならず」としています。
 魚棚通(六条通)を下坂とは雪踏屋町通(楊梅通)との混同があるように思われます。

「下坂通」の表示がある仁丹町名表示板
 表記の左半分が雨戸戸袋に隠れていますが、「下京區  下坂通間ノ町西入  塗師屋町」となっています。

Photo_28

 因に、「楊梅通」は「雪駄屋町通」とも称されたのですが、その由来について、『京羽二重』には「此すじに せきだや有」、『京町鏡』にも「此通 今 雪駄屋多く住居す」としています。
 雪駄(雪踏とも書く)は、千利休が雪中で用いたのに始まるようです。
 竹の皮の草履の裏に獣の皮を付けた履物で、後には皮の上に金物を打ち付けた。京都の通り名の歌にある「雪踏 ちゃらちゃら 魚の棚〜」の「ちゃらちゃら」は、道を歩くときの金具の音です。

« 看板いろいろ その2 | トップページ | 辻子 ー鼠辻子ー »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 看板いろいろ その2 | トップページ | 辻子 ー鼠辻子ー »