2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 空・光・水・風  その3 | トップページ | 秋と柿 »

2014年11月14日 (金)

室町御所跡と周辺の辻子

 足利尊氏が室町幕府を興したのは、建武5年(1338)のことで、御池通高倉付近にあった邸宅をその政所とした。
 しかし、その政権が安定したのは三代将軍足利義満のときで、義満は永和3年(1377)新しく室町御所(花の御所・室町殿とも)と云われる邸宅を造営し、ここに室町幕府を置きました。

室町第址(室町御所址)碑

_01_7

 室町御所の規模は、北は毘沙門堂大路(現・上立売通)、南は北小路(現・今出川通)、東は烏丸小路(現・烏丸通)、西は室町小路(現・室町通)ということで、東西が一町・南北は二町(約200m四方)あったと云う。
 その跡地は現在の町名で云うと、今出川町・築山南半町・築山北半町・岡松町・御所八幡町・裏築地町・上立売東町に当たるとか。これらの町名のうち、今出川町をのぞく全ての町名が室町御所に因んだものです。

 文明8年(1476)、近接する土倉・酒屋が放火されたために、花の御所も造営後約100年で炎上焼失してしまいます。
 (註)「土倉(どそう)」:高利貸し業者のことで、富裕な酒屋が兼業することが多かった。室町時代の徳政一揆では襲撃対象となり、借金証文の破棄をおこない、幕府に徳政令を出させることとなった。

大聖寺

 光厳天皇妃が出家して大聖院無相定円禅尼となったのを、足利義満が室町御所内の岡松殿に迎え、没後に遺言で岡松殿を寺とし、寺名を法名に因んで大聖寺とした。(元は隣接する岡松町に所在したと考えられる)
 尼五山の一で皇室に由来する寺院であるため、五本の定規筋が入った筋塀が最高位の寺格を表している。

_01_2

 この辺りも花の御所跡にあたり、境内に石碑「花乃御所」が建てられている。

_01_2

 元禄2年(1689)刊『京羽二重織留』に、「足利家代々宅地」として次のように簡潔に記しています。
 「傳云  室町通今出川の北  築山の町の邊なり  足利公方家代々此所に住給ふ  此故に世に室町殿と號す  古へ其結構美をつくし侍るとぞ  應永四年〈1397〉鹿苑院義満公  此亭を義持公にゆづり  北山鹿苑寺に隠居し給ふと  又康正三年〈1457〉慈照院義政公  此所に新館を修造したまひ花の亭と號す  其頃世に花の御所といへるは是なり  永祿八年〈1565〉乙丑六月十九日光源院義輝公  三好がために害せられたまひしより  此所館舎破壊して終に民家となれり」と。

 ところで、この室町御所の跡には聖護院辻子・清法院辻子があり、その周辺一帯には他にも数多くの辻子が存在しています。
 今後は、折々にそれらの辻子を採り上げてみたいと思っています。

 

« 空・光・水・風  その3 | トップページ | 秋と柿 »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

道標・史跡などの石碑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空・光・水・風  その3 | トップページ | 秋と柿 »