2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

無料ブログはココログ

« 将軍塚 | トップページ | 空・光・水・風  その7 »

2015年3月27日 (金)

辻子 ー元誓願寺辻子と狩野辻子ー

 この二つの辻子は、いずれも元誓願寺通の新町と小川間にあります。そして、徳大寺殿町・元図子町、針屋町と靭屋町の境界を通貫している小路です。

元誓願寺辻子

_01


狩野辻子

_01_2

 ところがどう云うわけか、同一文献なのに記述個所により、これらの辻子は同一の辻子とも、別の辻子だとも記しているのです。これには戸惑ってしまいます。以下をご覧ください。

__3

 『京町鑑』の「元誓願寺通」の項には、「小川東入  元誓願寺辻子 又一名 狩野辻子とも云 」とし、「又 狩野辻子といふは  畫師狩野正信  男[息子の意]元信此所に居住の舊地なり」と記しています。
 つまり、「狩野辻子」は「元誓願寺辻子」の別名で、これらは一つの辻子だとしているのです。

 ところが、同じく『京町鑑』の「新町通」の項では、「此徳大寺町西側に西入所を 狩野辻子 此町に繪師狩野氏の屋しきあり」として、その少し後に「此狩野辻子の西町  元誓願寺辻子」としています。
 つまり、これらは東西に隣り合った全く別の辻子だと読めるのです。

 それはそうと、『京羽二重織留』では、「狩野家宅地」を「新町通徳大寺の町の西にあり  畫師狩野越前守元信が宅此所にあり  此故に町の名を今  狩野の辻子と云」としているのです。
 この記述は、狩野辻子については記すものの、元誓願寺辻子には触れていません。したがって、同一辻子の別称なのか、それとも別個の辻子なのか、判然としません

 なので、私としては敢えて、狩野辻子は元誓願寺通新町の徳大寺殿町から西方の狩野邸辺りまで、その西側部分は元誓願寺辻子であって、別個の辻子だと独り決めすることにしました。
 
「いやいやそうではないよ!」と仰る向きもおありでしょう。しかしまぁ余り硬いことは言わずに、独断を許してください。
 そして、二つの辻子の境界は元図子町の中程(まだ記事にしていないのですが「常磐井辻子」の北端と元誓願所通が交わる地点辺り)としておきますが、さてどんなものでしょう。

ここが両辻子の境界と(私が)目する地点です

_01_2

追記:『京都坊目誌』の記述
「元辻子町 始め狩野辻子と云ふ  寶曆町鑑に元誓願寺ノ辻子とあり  維新の際今の名とす  弘治永祿の頃狩野法眼元信此地に住す」

 ついでながら、町名等の由来を少しばかり。
 「元誓願寺通」は『京町鏡』に「此通小川に昔誓願寺ありしゆへ通の名に呼來れり」とし、「誓願寺は元大和国奈良の京にありしを此京へ都を移し給ひし時  誓願寺もともにうつされしと也  然るに太閤秀吉公の時  今の京極六角の東へ引しと也」と記しています。
 「徳大寺殿町」は公家の徳大寺家邸宅があったことによる。
 「元図子町」は「元誓願寺辻子町」の略称。
 「針屋町」は豪商灰屋紹益の別宅があったことから、灰屋が針屋に転訛したともいわれる。
 「靭屋町(うつぼやちょう)」は、靭(矢を携帯するための矢筒)を作る靭師や職人が住んだことによるそうです。

« 将軍塚 | トップページ | 空・光・水・風  その7 »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

道標・史跡などの石碑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 将軍塚 | トップページ | 空・光・水・風  その7 »