2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 空・光・水・風  その8 | トップページ | 暖簾いろいろ その6 »

2015年4月24日 (金)

辻子 −本満寺辻子-

本満寺辻子

 本満寺辻子は、新町通今出川から一筋北の西行する小路。
 元新在家町・元本満寺町・北兼康町を通貫しています。

_01

 「本満寺辻子」と「元本満寺町」の名称は、かつてこの地に所在した日蓮宗の本満寺に由来します。
 本満寺は應永17年(1410)、関白左大臣の近衛道嗣邸に長子である日秀が建立したのに始まるということです。
 その辺りを『山城名跡巡行志』には、「開基日秀 應永年中 上立賣新町ニ建立ス 此地ハ近衛左大臣道嗣公ノ別業也 日秀ハ道嗣公ノ長子也」と記しています。「別業」は別荘のことです。
  なお、天文8年(1539)に、現在地の寺町通今出川上ル鶴山町に移建しています。

元本満寺町の仁丹町名表示板

_01_2

「元新在家町」は、中世に絹織物を生産していた練貫座の所在した白雲(村)の地に当り、新町通今出川の北に新しく開かれた集落を新在家と称していたのです。
 ところが、その地の水が織物生産に適さなくなったため、移転した御所近辺の地が「新在家」となったことから、旧地の呼称は「元新在家」に変わったと云うことです。
 なお、御所近辺に引き移った「新在家」は、明治になって京都御苑に取り込まれたために消滅してしまいました。寛文5年(1665)刊『京雀』の記述によれば、鷹司通(現・下長者町通)の東洞院辺りにあったようで、慶応4年(1868)刊『改正京都御絵図細見大成』でも、そこに「新在家」の表記があります。

元新在家町の仁丹町名表示板

_01_3

 

« 空・光・水・風  その8 | トップページ | 暖簾いろいろ その6 »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空・光・水・風  その8 | トップページ | 暖簾いろいろ その6 »