2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク集

無料ブログはココログ

« 辻子 ー入江辻子・信楽辻子ー | トップページ | 辻子 −本満寺辻子- »

2015年4月17日 (金)

空・光・水・風  その8

新緑のモミジ

 葉の形から、「蛙手(かえるて)」が「かへで」へ、そして「かえで」に転訛した云われます。

 ふた葉三葉ちりて日くるる紅葉かな 与謝蕪村

_01_3

山吹のつぼみ

 七重八重  花は咲けども  山吹の  実の一つだに  なきぞ悲しき

 これは、後拾遺和歌集にある兼明親王の歌ですが、太田道灌にまつわる逸話の方で有名ですね。

_01_4

木蓮(もくれん)

 ランの花にも似ていることから昔は「木蘭(もくらん)」と呼ばれたこともあるようです。

 木蓮の風のなげきはただ高く 中村草田男

P1010010_01

著莪(シャガ)

 樹木の日陰や湿地に生えますが、アヤメ科の植物に違いなかろうと思える花です。

 著莪叢のとどく木漏れ日濡れており 稲畑汀子

_01_2

さくら(これも蘖?) 二題

 願はくは  花の下にて  春死なん  そのきさらぎの  望月のころ  西行

 あまりにも有名な歌です。歌の通り望月(満月)の頃の陰暦2月16日(釈迦寂滅の日)に没したと云う。

_01_5

_01_6

« 辻子 ー入江辻子・信楽辻子ー | トップページ | 辻子 −本満寺辻子- »

空・光・水・風」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 辻子 ー入江辻子・信楽辻子ー | トップページ | 辻子 −本満寺辻子- »