2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 空・光・水・風  その7 | トップページ | 空・光・水・風  その8 »

2015年4月10日 (金)

辻子 ー入江辻子・信楽辻子ー

入江辻子

_01_2

 新町通上立売から南行して、先頃記事にした中御霊辻子に至まるまでの間。
 上立売町・西大路町の境界を経て中御霊図子町を通貫している。

 『京町鑑』によれば、新町通上立売下ル東側に「三時知恩寺」という尼寺があり、「入江殿」と云い「入江御所」とも称したことが辻子の名の由来とする。

《 三時知恩寺 》

_01_3

 門跡尼院の一。
 応永年間に後光厳天皇の皇女見子内親王(入江内親王)の開創で、知恩寺を寺号とした。
のち、宮中での六時の勤行(1日六回の勤行)は日中は行い難いので、昼間三時の勤行は知恩寺で行えとの命令があったことから、以後は三時知恩寺と称することになったと云う。

しからき(信楽)辻子

_01_2

 室町通と新町通の間を寺之内通から南下する小路で、上立売通北裏(上立売通の北側の通り)まで。納屋町と木下突抜町の境界、木下突抜町、裏風呂町を通貫している。

 この「しからき辻子」の南、つまり上立売北裏以南は、先頃に記事にした「裏辻子」となる。
 なお、定かではないが寛文のあと延宝期の町鑑では「しばの辻子」としているとか。

 

« 空・光・水・風  その7 | トップページ | 空・光・水・風  その8 »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空・光・水・風  その7 | トップページ | 空・光・水・風  その8 »