2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク集

無料ブログはココログ

« 辻子 ー川勝辻子、かいや辻子ー | トップページ | 看板いろいろ その6 »

2015年5月15日 (金)

辻子 ー近衞辻子ー

近衞辻子

_01

 この辻子の所在地について、『京羽二重』は次のように記しています。
 「近衞辻子 今出川どをりしん町にしへ入所なり」
 今出川通新町西入といえば、普通は今出川通の元新在家町・元本満寺町・南兼康町にかけての一帯を指します。
 ところが、ここに書かれている「今出川どをり」は、現在の「今出川通」ではないのです。
 次の写真を見てください。

_01_2

 この「今出川どをり」は、上京区役所前(堀出シ町)からやや北西方向へ斜行する現・今出川通ではなく、真西へと直進する旧・今出川通を指しているのです。この旧・今出川通をとると新町通に至りますが、「近衞辻子」はその新町通から西方の、弁財天町を経て南兼康町に行き当たる部分なのです。

 再び『京羽二重』の記述を引用します。
今出川通 東は寺町通の東川原  大原口より西へ禁中公家やしき町也  新町通の西  かね安町と云所にて行當り  少北ヘ上りて須磨の町通へ出る」
須磨の町通 東は小川通より  西へ北野東の鳥居の前へ出る  此すぢおまへ通とも云  大概絹織や」と記しています。

 つまり、近代になってから、近世以前の今出川通とその少し北側の須磨町通をつないで、現在のような今出川通に変わったのです。
 現在の今出川通が、上京区役所前の堀出シ町から南兼康町にかけて、やや北ヘ斜行しているのはこのためなのです。

もっとも、上七軒交差点から北野天満宮東門までの旧須磨町通部分は、現在では上七軒通と俗称されています。そして、今出川通は上七軒交差点からはやや南に斜行して西大路通に至っています。

« 辻子 ー川勝辻子、かいや辻子ー | トップページ | 看板いろいろ その6 »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 辻子 ー川勝辻子、かいや辻子ー | トップページ | 看板いろいろ その6 »