2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月25日 (金)

看板いろいろ その7

重春刃物店 
  中京区東堀川通三条上ル
  打刃物を打つ鍛冶屋さんで刃物万般を製造

_01_01

田丸彌(堀川店)
  堀川通寺之内下ル
  煎餅「白川路」は胡麻風味の上品な味わい

_01_10

宗 禅
  上京区寺之内通浄福寺東入
  あられ・せんべいの店

_01_8

上海航路
  大宮通鞍馬口上ル
  元居酒屋?
  どう見ても今は営業している感じではない。10年以上前の発行になる「京都大衆酒場」
 (青幻社)には店内の写真も載っていたのだが。

_01_11

 

2015年9月18日 (金)

辻子 ー瑞音辻子ー

瑞音辻子(すいおんのずし)

_01_4

 高辻通の、東洞院から烏丸通までの間。
 北側の高橋町・匂天神町、南側の燈籠町・因幡堂町との境界となっている。
 高辻通のこの辺りも戦時中の強制疎開により拡幅され、2車線道路となったので辻子の面影は無くなっている。

 辻子名称の表記については、文献等によってかなりの異同が見られるようです。
 『京町鑑』では「(高辻通)東洞院西入  瑞音辻子 」としているが、『京羽二重』では「水雲辻子 高辻通東のとうゐん通にしへ入  因幡やくしの北也」と記している。
これは、「瑞音(すいおん)」が「水雲(すいうん)」へと転訛し、それに伴なって字も変化したのかもしれません。
 その他にも、「随音辻子」「ずいをんのずし」「瑞圓ノずし」「すいうんのずし」などが見られますが、幕末期の古地図では「随音辻子」としているものが多いように見受けられます。
 「瑞」と「随」では意味は異なりますが、字音はいずれも「ズイ」あるいは「スイ」です。どちらかが書き誤りと云うことなのか、そのあたりはよく判りません。

匂天神町の仁丹町名表示板

_01_5

前回の「竹之辻子」を南へ高辻通に出た所、つまり「瑞音辻子」(高辻通)側から北方向を眺めたものが次の写真で、『京町鑑』の「瑞音辻子」項に、「此辻子中程北ヘ行辻子は竹辻子也」と記述された地点です。

_01_6

「竹之辻子」から「瑞音辻子」に出た所、少し西の北側京都信用金庫建物の一角に設けられた匂天神社の祠です。前回「竹之辻子」でも書いたように、明治の頃に廃社となっているのですが、町名の由来になっている天神社を偲んで祀ったものでしょう。

_01_8

 ところで最後に、高辻通の俗称について記しておきます。
 『京町鑑』には、「俗に藪之下と云 (中略)又此通  藪の下といふは  中古柳馬塲通より東洞院邊まで藪ありしゆへ  其間計を町の北 名を籔の下と呼たりしを  いつの頃よりか東西に通じて通の名となれり」との記述しています。
 つまり、高辻通の柳馬場通と東洞院通の間は、北側に竹やぶがあったことから籔之下通(やぶのしたどおり)と云ったのだが、いつの頃からか高辻通全体の通称になったと云うのです。
 なお、『京雀』には、「柳のばゞにしへ 藪のした町 たかくら西へ 藪の下新町」としています。

2015年9月11日 (金)

辻子 ー竹之辻子ー

 辻子シリーズはこのところ上京区ばかりでした。それで、少し場所を変えて下京区にも目を向けてみます。

 今回はまず、竹之辻子

_01

 仏光寺通烏丸の一筋東を南行する小路です。
 この辻子は、途中で少し西に折れて再び南行する鉤型の細い道で、上柳町と匂天神町を通貫して高辻通に抜けています。
 (この辻子を南に抜けた所は、次回に取り上げる予定の「瑞音辻子」です)

上柳町・匂天神町の仁丹町名表示板

 この辻子は、僅かの距離で6枚の仁丹町名表示板を見ることができるという珍しい場所です。

_01_2

_01_3

 この「匂天神町」の町名表示板、よ〜く見てください。琺瑯製のものの下に木製の枠か土台のようなものが見えます。京都仁丹樂會の人達は、これは数少なくなった木製の仁丹町名表示板に違いなかろうと見ています。
 ここ(位置から見て匂天神町)ではもう1枚、木製仁丹町名表示板とおぼしきものを見ることができます。しかし、風雨による劣化が激しくて文字・仁丹ロゴともに読み取るのは極めて困難です。

 『京町鑑』では、「仏光寺通」の「上柳町」について、「此町に昔上柳氏某住す  世に上柳といへる古金襴も元此家の至寶なり  (略)  此町中ほど南へ行一町を竹之辻子  元車屋町にあたる也」とあって、町名は上柳氏に因むことが知れる。
 また、「匂天神町」についても、同書に「此辻子に天神社有 」としていて、この辻子にあった菅原道真を祀る匂天神社(明治になり廃社)を町名の由来とする。
 註:『都名所圖会』は、匂天神社について「東洞院と烏丸の間高辻の北にあり、竹之辻子といふ、清香庵と號す。」としています。
 「清香庵」については、『京都坊目誌』に匂天神の「南にあり。北側  浄土宗鎮西派一心院の末寺にして。僧稱念の餘派とす。」るが、明治15年に廃寺となっている。

2015年9月 4日 (金)

路地(ろーじ)ーそのいろいろー 11

今回の路地は、上京区を町歩き中に見かけたものばかりです。

_01

_01_2

_01_3

_01_4

_01_5

 

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »