2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 辻子 ー大峰辻子ー | トップページ | 暖簾いろいろ その8 »

2015年10月30日 (金)

突抜 ー亀屋突抜(堺町通)ー

_01_8
 『京町鑑』に「◯堺町通 ◯材木町通とも云 ◯亀屋突抜とも云」、そして「△龜屋突抜といふは此通四條邊に龜屋某とて古き町人あり依て號す今はなし」と記します。
 また、『京都坊目誌』には「▲八百屋町 堺町通錦小路下るより四條上る迄を云ふ」とし、この町名由来を「始め龜屋突抜町と唱ふ。今名に改むる年月詳ならず。」としている。

 これらの記述からして、堺町通の四条を挟んだ一帯、八百屋町、立売中之町から小石町・綾材木町にかけての一帯を亀屋突抜(かめやのつきぬけ)と称したようです。

立売中之町と小石町の仁丹町名表示板

 この辺り、東から西にかけて「立売東町」「立売中之町」「立売西町」と続いています。
 町名のいわれについて、『京雀』には「そのかみ上京のごとく絹布を商ける故に世に立賣と云」と記し、その由来は上京区の上立売・中立売・下立売と同じだとしています。
 『京町鑑』には、「(略)立賣といふ事は中頃此邊荒廃し人家いまだ建ざりし時  一切の商物を此所にて市を立て賣し故名とす(略)」と記しています。
 
_01_9

_01_10

 また、材木町通と称した謂れを「此通押小路下ル町より三條迄が間中古材木屋敷多ありしゆへ號す今も材木屋少々有」としていています。
 そして、今も押小路通を下がった所から三条通近くまで、扇屋町・丸木材木町・大阪材木町と云った町名があり、扇屋町も寛永・寛保の頃の木版古地図では「さいもく丁」「材木町」となっていて、宝暦12年の頃に「扇屋町」と変わったようです。

_01_11


 堺町通の名称と由来について、同じく『京町鑑』には次のように記しています。
 「むかしは高倉通迄人家ありて  夫より東は原にてありしゆへ  原と町との堺なるゆへ號す」としています。
 つまり、京の町並みの東端は高倉通辺までで、その東方は野原となっていたため、町並みと原っぱの境界であったことから堺町と称したと云うのです。

扇屋町の仁丹町名表示板

_01_12

 扇はその骨に竹や木を用いているので、材木に関係しているではないかと云ってしまえば、ちょっと強引に過ぎるでしょうか?
 しかし、『京雀』では、「この筋を二條より下にてはざいもく町通といふ  四條わたりにては龜やのつきぬけといふ」としており、二條下ル「杉屋町」を寛文末の洛中洛外之圖では「材木通杉や丁」としているようです

« 辻子 ー大峰辻子ー | トップページ | 暖簾いろいろ その8 »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 辻子 ー大峰辻子ー | トップページ | 暖簾いろいろ その8 »