2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月24日 (金)

阿弖流為(アテルイ)のこと

 古代の大和朝廷から見ると、蝦夷地(東北地方)は、戦に必要な資源である馬や鉄、そして金などを産する魅力的な地域でした。朝廷の権力者は蝦夷地とその住民(蝦夷)を支配下に置くため、大和朝廷の時代からたびたび蝦夷討伐を行なってきましたが、奈良時代になると激しさを増します。
 延暦8年(789)、巣伏村(現・水沢市辺り)で征東将軍の紀古佐美の率いる朝廷軍と、阿弖流為(蝦夷の指導者で阿弖利為とも)の率いる蝦夷軍が戦い、朝廷軍が大敗するという「巣伏村の戦い」が起こりました。この戦は、朝廷の権威が傷ついたばかりでなく、蝦夷地支配の計画を根底から揺るがす重大な事件として、蝦夷征伐の機運がさらに激しさを増していきます。(『続日本紀』)

阿弖流為と母禮の顕彰碑(清水寺境内)
 清水寺の創建は宝亀9年(778)で、平安京建都の延暦13年(794)よりも前ということになります。

_01_3

 ところが、蝦夷の人々は言語や風俗が和人とは異なり、朝廷による度重なる侵略にも容易に服属しようとはせず、強く抵抗をつづけました。
 強大な朝廷軍を相手とした10年余りに及ぶ抵抗で蝦夷は疲弊します。そこで、蝦夷住民の安泰を望んだ阿弖流為と盟友の母禮(モレ)は、延暦21年(802)投降を選択して、朝廷の統治下に入ります。
 征東副使の坂上田村麻呂に伴われて、阿弖流為と母禮は都へと向かいます。
 田村麻呂は、二人(阿弖流為と母禮)の武勇と人物を惜しむとともに、支配下に収めた蝦夷地の経営には両名の協力を得る必要があるとして、胆沢へ還すように朝廷へ助命を進言したのですが聞き入れられません。
 そして、朝廷に抵抗した反乱軍の首謀者として河内國椙山(現・大阪府枚方市)で斬殺されました。(『日本紀略』)

阿弖流為と母禮の説明文
 (写真をクリックすると拡大して見られます)

2_01

 《史書》は権力者・覇者によって書かれますから、常に正義は勝者にあって敗者は悪とされてしまいます。
 朝廷の側が版図を拡げるために蝦夷征伐の軍を派遣して侵略したのですが、侵略された側の蝦夷は朝廷に服属することを忌避して抵抗したのです。
 したがって、蝦夷の人々は朝廷に対して反乱を起こした反逆者ではなく、ましてや、都まで攻め上って行って戦ったのではないのです。
 ですから阿弖流為は、討たれるいわれの無い蝦夷の人々とその土地を守るため、侵略に抵抗して戦った英雄だったのです。
 そういう阿弖流為ですから、今までに歌舞伎・映画・テレビドラマ・アニメで、「北の英雄」として演じられ描かれてきました。近くは、明6月25日から「シネマ歌舞伎」として、市川染五郎主演の「歌舞伎NEXT  阿弖流為」が各地で上映されます。

2016年6月17日 (金)

看板いろいろ その10

これ、揮毫は桂枝雀さん?

_01

_01_2

_01_3

_01_4

_01_5

 

2016年6月10日 (金)

辻子 ー芝辻子ー

_01

 堀川通西側、寺之内通と上立売通の間。
 東西町・芝之町・大北小路東町・芝薬師町を通貫していました。
 上の写真は堀川通です。蛇足ですが、当時の辻子の幅員はせいぜい2間(3.5m)内外だったでしょう。したがって、上の写真の歩道の幅ほどだろうと思われます。

 「芝之町」と辻子の名称の起源に付いて、『京都坊目誌』では次のように記しています。
 「往時此地に芝大納言(洞院と號せり)實凞の邸ありしより芝の地名起る  町地となるに及び芝の辻子と呼ぶ」と。

 「芝薬師町」についても、上掲書に町名起源を「芝は地名なり中世芝薬師堂あり  元禄以前 埋忠ノ町と通称する  金工の名人埋忠明壽此地に住めり」と書いています。
 なお、芝薬師は応仁の乱で衰退し、天正年間に寺町今出川の南に移るも元禄5年12月類焼して、神楽岡の東に移転したという。

芝薬師町の仁丹町名表示板

_01_2

2016年6月 3日 (金)

産寧坂(三年坂)のこと

 東大路通の清水道交差点から東端の清水一町目、清水寺へと向かう坂道が清水坂です。
 この清水坂の中程に、北方の桝屋町の二年坂から清水三町目を経て合流してくる石段の上り坂、これが産寧坂で清水二町目にあります。

産寧坂(三年坂)

_01_2

 光明皇后は懐胎中、清水寺塔頭泰産寺の本尊観世音像に祈願して、皇女(後の孝謙天皇で道鏡を寵愛した女帝)が誕生します。そこで光明皇后が命じて三重塔を建立し、一寸七分の観音像を安置しました。
 このことから人々は子安ノ塔と称し、安産を祈願する婦人が専らこの像を尊崇しました。
 産寧坂は、安産に霊験のある子安塔への参道でもあったのですが、三年坂・再念坂とも云われる。
 なお、二年坂は三年坂よりもやや小さい坂であるため、この名があると云います。

 因に、『京師巡覧集』には俗説であるとしつつ、三年坂・再念坂の名称について次のような話を載せているそうです。この坂でつまずき転倒すると三年以内に死ぬと。また、清水に詣でてその後に再び参詣して念ずると宿願が実現するとしているようです。

子安塔

_01_3

 清水寺本堂の南方の小高い丘に建つ約15mの優美な三重塔です。本尊の千手観音には、6cm程の小さな胎内仏が納められているという。
 この泰産寺の子安塔、元は清水寺の正門である仁王門の南西側(左手前)に建っていたのですが、明治42年清水寺境内の整理に際して、本堂の南方の丘に移されました。

 それでは、いくつかの地誌書から産寧坂の記述を見ておきましょう。

 『山州名跡志』に、三年坂は俗称だろうとして、次のように記しています。
「三年坂 是俗稱ナル歟。此名實記ニ見ヘズ。今云フ處ハ靈山ノ南清水ニ至ル中間ニアリ。諺ニ云此坂大同三年ニ開クトモ。叉ハ子安塔ニ至ル故ニ産寧坂トモ。古老ノ説ニ曰ク信用シ難シ。三年坂トハ清水寺門前ノ巷。東西ノ坂ヲ云フ也ト」
 この坂は大同3年に開かれたので三年坂と云い、また、子安の塔へ祈願に行く坂であることから産寧坂とも云うとしています。つまり、《産寧》は「産(うむ)」と「寧(やすらか)」で、安産に通じるとするのです。

 『京羽二重』でも同様に、「三年坂 東山清水寺の麓也  大同二年清水寺建立  其翌年此道はじめて作りし故かく名付と  又産寧坂ともいへり」としています。

 『京童』も、三年坂と産寧坂の由来について、前掲書と同様の記述があります。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »