2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 辻子 ー鎗ノ辻子ー | トップページ | 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 14 »

2016年7月22日 (金)

辻子 ー西本願寺辻子ー

西本願寺辻子

_01

 『京町鑑』には、「西本願寺と興正寺の間也  即西へ壹町ほど辻子を行即西本願寺臺所門の前へ出る  其所を南へ出れば七條通也・・(略)・・扨叉右臺所門前をすぐ西へ行ば大宮通へ出る」とあります。
 この記述から、辻子の位置は北小路通の堀川から大宮通にかけて、東西に通っていたことが判ります。しかし、その所在は判るのですが名称が載っていません。

 辻子の北側は門前町、南側は花園町・西八百屋町・大工町・御器屋町があって、辻子はその境界を為しています。
 寺社の門前や傍を通る辻子には、その寺社の名称を冠していることが多いので、それに倣ってこの無名の辻子を「西本願寺辻子」と勝手に名付けました。

西本願寺四脚門(唐門)
 この唐門は辻子に面して建っています。
 勅使門と称し、桧皮葺の唐破風作りで寛永7年に伏見城から移築されたという。
 左甚五郎の作と伝わる花鳥等の彫刻で装飾されています。しかし、経年劣化で漆・金粉などの彩色がかなり剥落してはいますが、今もなお往時の豪華な様子を窺わせます。

_01_2

 つぎに、いくつかの町名について、『京都坊目誌』からその由来を見ておきましょう。
 「門前町」は、明治2年に上地していた本願寺境内が、同6年12月に「本願寺門前町」と名付けられ、略して「門前町」と呼ばれるようになった。
 「御器屋町」は、本願寺が大坂の天満から移転した時、紀州黒江の塗器商である御器屋甚右衛門と云う商人が共に移転してきてこの町に住みついた。そして、同寺の注文を受け膳椀器具を製造して納めていた。
 真宗では供膳の仏器を御器と称したことから町名になったと云う。
 「大工町」は、足利氏の元家臣であった水口某と云う者が、本願寺の棟梁となってこの地に住んだことが町名の由来だとする。

« 辻子 ー鎗ノ辻子ー | トップページ | 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 14 »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 辻子 ー鎗ノ辻子ー | トップページ | 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 14 »