2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 形(かたち・フォルム) その2 | トップページ | 暖簾いろいろ その11 »

2016年9月23日 (金)

辻子 ー狗の辻子 2(上京)ー

 武者小路通(むしゃのこうじどおり)の烏丸と室町の間。
 梅屋町、北小路室町と福長町の境界を東西に通貫する小路です。
 武者小路通の名称由来は不明。
 無車小路と書くこともあり、町名も「武者小路町(室町通西入)」と「西無車小路町(新町通西入)」の両方が存在する。

_01

 『京都坊目誌』には、「本名東武者小路町也。天正以前狗(イノコロ)の辻子と云ふ。慶長以来今の名になる」としていて、この辻子の読み方は「イノコロのずし」としています。
 「狗」は犬の子のことで、子犬のことを「いぬころ」とも言いますから、これが「いのころ」に転じたものでしょうか。
 ちなみに、先頃、下京の「狗の辻子」について記事にしましたが、その辻子の読み方は「イノコのずし」でした。

 なお、「梅屋町」の名称由来については、この町の住人某の茶寮に大きな梅の木があったことによると云う。上に引用したように、天正以前の町名は東武者小路町で、この辻子名は通称だったようです。

« 形(かたち・フォルム) その2 | トップページ | 暖簾いろいろ その11 »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 形(かたち・フォルム) その2 | トップページ | 暖簾いろいろ その11 »