2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク集

無料ブログはココログ

« 暖簾いろいろ その11 | トップページ | 看板とポスター »

2016年10月 7日 (金)

辻子 ー蟹辻子ー

 四条通川端東入 中之町
 南座の向かい側に位置したようですが、現在では無くなっています。

蟹辻子 (南北部分)
 突き当たりは南座、左手のビルの辺りから縄手通にかけて北座があった。

_01

 『京都坊目誌』によると、安永以来、中之町北側中央(北芝居の西側)から北に入り、東に向かう曲尺型で縄手に通じる小路がありこれを蟹辻子と称した。

 しかし、明治27年の四条通拡幅時に人家が改築され、縄手への通行が途絶して「今は新路次と稱す」としています。

蟹辻子 (東西部分)
 現在で云うなら差し詰め、大和大路西入の鴨川ビル西側の少し北から、鴨東ビルの下をくぐって縄手通(大和大路通)へ出る小路、といった見当になるのでしょうか。

_01_2

 「中之町」の一帯は慶長の頃以来、常設の劇場があり雑踏の地となっていたようです。
五條橋(現・松原橋)の畔にあった劇場が四條橋畔の中之町に移され、安永以来劇場は「東ノ芝居」と「西ノ芝居」の2カ所となり、芝居茶屋が軒を並べていたと云う。
 そして、文久3年に四条通の北側と南側にそれぞれ演劇場が設けられて、南の芝居と北の芝居と称された。しかし、明治27年道路が拡幅されることとなり、北の芝居は廃されて南の芝居(現在の南座)のみとなった。

南 座

_01_3

北座は南座の東筋向かい、四条通縄手西入の廿一軒町にありました。

 蟹辻子と関係は無いのですが、かつて中之町四条大橋東詰めに八坂神社の二ノ鳥居があり、一ノ鳥居は四条寺町にあったのですが、いずれも電車の軌道敷に入ったために廃されたそうです。 
 三ノ鳥居は下河原通の北端にある南樓門(正門)に現存しています。




« 暖簾いろいろ その11 | トップページ | 看板とポスター »

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暖簾いろいろ その11 | トップページ | 看板とポスター »