2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク集

無料ブログはココログ

« 辻 子(ずし)−その発生をめぐってー 2の1 | トップページ | 看板いろいろ その12 »

2017年1月27日 (金)

辻 子(ずし)−その発生をめぐってー 2の2

3. 平安京域の変化

 大内裏の正門にあたる朱雀門から南に延びるのが、平安京の中心線となる大路で幅28丈(約85m)の朱雀大路です。その南端に建てられたのが平安京の玄関である羅城門でした。

 大極殿遣址碑

_01_3

 そして、この朱雀大路を挟んで、左(東)京と右(西)京に分けられていました。
 ところが、前回に見たように京都盆地の地形・地質の関係で、右京域の南部は沼や沢が散在する低湿地であったため、人々が住むのには適さない土地で余り開発が進まなかったようです。
 このため、延暦13年(794)の奠都から、一世紀も経ないうちに右京域はすっかり衰退して、都は大きく様変わりします。
 そうした事情から平安京の左京域へ、とくにその北部へと人口が集中していきます。
 もともとの都の北限は一条大路でしたが、その一条大路から北に向かって大路・小路は延伸され、開かれることで人家が増えていきます。
 そしてまた、鴨川を東へと越えて古くからの官道である三条通沿いも開かれていきます。

 

4. 辻子の発生とその後

 ところが、新たに北方ヘと延長されたそれらの道は、それぞれが繋がっていないために、交通や生活の便からこれらの道どうしを東西に繋いで、新たに経路を開く必要が出てきます。
 この通りと通りを結んで、新たに作られたのが「辻子」でした。
 私が地誌や古地図などに出てくる辻子を調べたところでは、まだ見落としがあるかと思いますがその数は143ヶ所でした。それらのうち圧倒的に多くが現在の上京区、とりわけ烏丸通・大宮通・寺之内通・一条通を四囲とする範囲に集中しているのです。
 この事実は、先に述べた辻子の発生した理由、また集中した事情の裏付けになるものと考えます。

 衣屋辻子

_01

 こうしてできた辻子の始めは、隣接する道へ到達するための経路といったようなものでしたから、野道に近いような細道・小径といった、謂わばマイナーな道だったでしょう。
 そして、その辻子沿いや近辺に所在する寺院、公家屋敷などにちなんで辻子の名称が付けられたようです。
 こうして生まれた「辻子」に沿って、徐々に人家が建ち並んでいくに及んで、次第に「町場の道」へと様相が変わっていったのです。
 町場の道と辻子は、そのような関係にあったと言うのが私の考えなのです。

 ちなみに、地誌の記述も「町場の道」と「辻子」については、宝暦12年(1762)刊の『京町鑑』は「當時縱横小路通稱 并 辻子」、そして、貞享2年(1685)刊の『京羽二重』では「南北洛中」「東西洛中」「洛中辻子」という項目立てにしています。
 これは外でもなく、元々、「町場の通り」と「辻子」とは、全く別個のものとして認識され、扱われてきたことを表しているものと考えられます。

 *** 附 記 ***
① 「辻子(図子)」をいくつかの辞書等で引いてみました。
 広辞苑(岩波)・・・「よこちょう、路地」
 大辞林(三省堂)・・・「大路と大路を結ぶ小路、または辻」
 世界大百科事典(平凡社)・・・「細道、小路、横町」
 古語辞典(岩波)・・・「小路、横町、路地」
 これらはいずれも、辻子の発生にまで意を払っていないため、在り来たりの説明となっています。
② この記事は私なりに、辻子とは何か、また、辻子ができた初期の様子を判り易く単純化して記述してみたものです。当然のことながら全ての辻子が東西方向のみに通じているわけではありません。当然、東西の道どうしをつないで南北方向に通じる辻子もできました。
③ 私が今までに諸資料の中に見出した辻子の数は143ですが、成立時期も様々であり既に消滅しているものも少なくはありません。




« 辻 子(ずし)−その発生をめぐってー 2の1 | トップページ | 看板いろいろ その12 »

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 辻 子(ずし)−その発生をめぐってー 2の1 | トップページ | 看板いろいろ その12 »