2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク集

無料ブログはココログ

« 暖簾いろいろ その13 | トップページ | 辻 子(ずし)−その発生をめぐってー 2の1 »

2017年1月13日 (金)

辻子 ー花山辻子ー

 姥ヶ東西町・姥ヶ榎木町・西五辻東町を南北に通っている小路です。
 上立売通浄福寺の二筋西の通り、姥ヶ東西町中程から南行して五辻通までの間を云います。

 この南北の通りの名称について、『京都坊目誌』では「姥ヶ北町通」としており「北は寺之内に起り、南は五辻に至る」、さらに、「街名起源 元姥ヶ懐と称する字なり、開坊の時(慶長の頃)取て稱とす」と記しています。

 また、「姥ヶ榎木町」の説明の中で、「叉此町を花山ノ辻子に云ふ  近世圖に見ゆ」としています。

_01

 なお上掲書には、この辺り一帯から千本通にかけて、町として開ける前には原野あるいは畑地であったこと、この一帯を「姥ヶ懐(うばがふところ)」という字名だったとも記しています。
 そして、町となるにあたって町名にその字名を冠したのだとしています。 
 その字名「姥ヶ懐」については、特に説明はありません。「姥のふところ」?「老婆のふところ」?、はてさて何のことでしよう。
 ということで、この周辺の町名の多くが「姥ヶ◯◯◯町」といった名称となっているのです。
 かつて、毎年5月の今宮神社祭礼の時には、各町で掲出する神灯には◯の中に姥、懐の字を紋章として付けていたのは、こうした昔の名残りだと云っています。

 

「姥ケ西町」の仁丹町名表示板
 これは現存数の極めて少ない木製の一つです

_01_3



« 暖簾いろいろ その13 | トップページ | 辻 子(ずし)−その発生をめぐってー 2の1 »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暖簾いろいろ その13 | トップページ | 辻 子(ずし)−その発生をめぐってー 2の1 »