2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 18 | トップページ | 看板いろいろ その13 »

2017年3月24日 (金)

上高野鐘突町 ーカネツキ地名の由来ー

 叡山電鉄本線「三宅八幡」駅のすぐ近くに、「左京区上高野鐘突町」という町があります。

《上高野鐘突町の仁丹町名表示板》

_01

 「上高野」は比叡山の山麓に位置していて、この一帯の中央を流れる高野川の谷口扇状地となっています。
 高野川沿いを遡る若狭街道は、古くから八瀬・大原を経て途中越えで、若狭(福井県)と近江(滋賀県)へ通じる街道でした。

 ところで地名には、そのように呼ばれるに至った理由・由緒があります。この「鐘突町」という地名は何に由来しているのでしょうか。

 京都府下の「カネツキ」地名を調べたところ、次の6ヶ所が見つかりました。実際にはもっとあるのでしょうが探しきれませんでした。
  左京区上高野鐘突
  綴喜郡井手町多賀鐘付
  亀岡市曽我部町穴太鐘ツキ
  山科区小野鐘付田
  京田辺市松井鐘付田
  相楽郡精華町下狛鐘付田

 土地には、皇室の所有地(御料地)・幕府の直轄領(天領)、大小名の封地(私領)などがありました。そして、それぞれの所領には、領地経営に関する事務や雑務を執り行うための組織・機関が設けられていました。

 また、規模の大きい神社・寺院には、所有権・知行権を承認(安堵)された領地(寺社領)を持つところもありました。
 これらの所領を持つ規模の大きな社寺でも、年貢収納など寺領を支配管理するための組織を備えていました。

 寺院の場合、寺役所でその実務を行ない、そのために寺領内の百姓から取り立てた代官・寺侍・寺役人を置いていたのです。
 鐘を撞き(突き)鳴らすことで時刻を知らせる、灌漑用水の水門を開け閉めする、洪水などの非常事態を知らせるなどの役割は寺役人が担っていました。その鐘撞き役人に支給する手当を賄うための田地、これが「カネツキデン」と呼ばれ、それが地名として残ったのでしょうか。

 「カネツキ」ではないのですが、少し気になる地名に「カネウチ」というのが目につきました。
  船井郡京丹波町安栖里鐘打
 この「鐘打」には金刀比羅神社があり、『京都府の地名」(平凡社)によれば、神社の社伝にその昔は七堂があったと記しているようです。「鐘打」は、鐘楼のあった所だったのかも知れません。

 ところで、神社に鐘撞き堂(鐘楼)があると云えば奇異な感じがします。
 しかし、昔は奇異なことでもなく、江戸時代までは神仏習合(神仏混淆)で神社とお寺が同一の境内にあったのです。ところが、明治元年(1868)に神仏習合を禁じる神仏分離令が出されて、廃仏毀釈運動が起りました。神社の鐘楼は、こうした混乱期を乗り越えて今に残っているのでしょう。
 京都でもこうした鐘楼の残る神社が無いものかと探しましたが、残念ながら今のところ見当たりません。

《篠山市川原・住吉神社の鐘楼》
  この写真は篠山市のホームページから借用。

01

 寛文2年(1662)に、篠山藩第4代藩主松平康信が 寄進したという鐘楼。篠山市内にある鐘楼建築の中でも特に優れたものとされ、四脚単層、本瓦葺、総ケヤキ造で篠山市指定文化財となっている。

« 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 18 | トップページ | 看板いろいろ その13 »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 18 | トップページ | 看板いろいろ その13 »