2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 看板いろいろ その13 | トップページ | 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 19 »

2017年4月 7日 (金)

辻子 ーいさとの辻子ー

 智恵光院通寺之内から南行して、二筋目の通称聖天町通までの間。
 大猪熊町・古美濃部町・伊佐町を南北に通貫しています。

 なお、智恵光院通寺之内の一筋南、通称聖天町通を西行する道は「聖天辻子」です。

_01_2

 『京羽二重』には、「いさとの辻子」の位置を「しょうでんの辻子の北の町」と記しています。

 「伊佐町」については、『京都坊目誌』に「或は伊佐殿町と、叉俗に伊佐との辻子とも云へり」と記していて、かつては「伊佐殿町」とも称したようです。

 ところで、その「伊佐」「伊佐殿」の名称由来に関係するのですが、今出川通猪熊から大宮にかけて「元伊佐町」があります。
 『京都坊目誌』に、天文年間、足利義輝の家臣野本式部少輔輝久の妻の名を伊佐と云ったが、亡夫のためこの地に草庵を構え、自ら尼となって日蓮宗に帰依して妙法尼と号した。その俗名を採って伊佐殿と呼んだとして、その由来を記しています。

« 看板いろいろ その13 | トップページ | 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 19 »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 看板いろいろ その13 | トップページ | 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 19 »