2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集

無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月26日 (金)

路地(ろーじ)ーそのいろいろー 20

中京区の2件

_01

_01_2


東山区の2件

_01_3

_01_4


2017年5月19日 (金)

看板いろいろ その14

鍵善良房
 東山区祇園町北側
 くづきり


_01_5


井筒八ツ橋 祇園本店
 東山区川端通四条上ル
 八ツ橋

_01_6


尾張屋
 東山区新門前大和大路東入
 お香

_01_7


観山堂
 東山区新門前大和大路東入
 古美術商

_01_8

2017年5月12日 (金)

辻子 ー伊勢殿構ノ辻子ー

 田丸町、東西俵屋町、伊勢殿構町を通貫していたものと考えられる。
 現在の土屋町通中立売から北行して一条通までを云ったものでしょうか。

 ところで、現在の土屋町通、北は一条通から南は竹屋町通まで通じていますすが、昔は非常に短い通りだったようです。
 『京都坊目誌』によれば、土屋町通は元和元年(1615)に開通した通りで、はじめ北は上長者町通から南が下立売通までの短い通りでした。
 宝暦12年(1762)刊の『京町鑑』では「此通上長者町より出水迄二町の間也」と記しているので、この頃には下長者町通から南の出水通まで延長されていたことが判る。
 したがって、伊勢殿構ノ辻子は北に延伸された土屋町通の北端部にあたるようです。

_01

 『京都坊目誌』「田丸町」の項に、「相伝ふ聚楽城廃城の後、此辺田圃と化し、中に僅少の人煙ありしと。当時田丸町より接続地に伊勢殿構ノ辻子あり、今其字名を称せず。僅かに北側に其址を存せり」としています。

伊勢殿構町の仁丹町名表示板

_01_2

 天正期、豊臣秀吉の築いた聚楽城が興隆した頃、伊勢兵部少輔の屋敷に通じていたことから、伊勢殿構ノ辻子と称したようで、伊勢殿構町の町名もこれに由来しています。
 なお、伊勢兵部少輔(伊勢貞昌)は大名ではなく、島津藩の筆頭家老だったと云うことです。

 

2017年5月 5日 (金)

みすや針 (縫い針)

みすや針本舗(福井勝秀商店)
 中京区三条通河原町西入

Dscn0520_01

 貞享2年(1685)刊『京羽二重』に、「三條通 此通諸商諸職 川原町 見すや針」とあり、同書「諸職名匠」中の「針所」にも「三條川原町かど 福井伊豫」との記述があります。
 そして、現在も三条通河原町西入のみすやビルで「三條本家みすや針(福井みすや針)」として営業している。
 延宝6年(1678)刊の『京雀跡追』にも「はりや 物ぬいはり」として、「三條川原丁かと」にあったことを記しています。

_01

 同店のホームページとリーフレットによれば、現在地に店を構えたのは江戸初期で、はじめ「池ノ端針」の屋号で営業していたが、慶安4年(1651)宮中の御用針司となり、明暦元年(1655)後西天皇から『みすや』の屋号を賜ったと云う。
 『みすや』の謂れは、御所で作っていた針であることから、清めの意味とともに秘術である製法を漏らさぬよう、御簾(みす)の中で仕事をしていたからと云う。
    

 ところで、縫い針の歴史は原始時代にまで遡るようです。
 1965年に長野県南佐久郡北相木村で発見された栃原岩陰遺跡があります。この遺跡は約1万年前の縄文時代早期のものとされるようです。
 10体以上の縄文人の人骨が出土しているのですが、遺物には土器・石器・骨格器・動物の骨なども出ています。
 ここで発掘された骨の縫い針は、細い骨を石器で削り鋭く尖らせて、小さな穴を開けています。それら針の中には鹿角製の縫い針も見出されるということです。
 そして、骨製の釣針、縫い針の精巧さから、当時の人々の技術水準の高さが伺えるそうです。針と動物の腱を鞣して糸にしたものを使い、獣の皮を縫い合わせて衣服を作り上げたのでしょう。
 なお、ヨーロッパではさらに古く約4万年前の遺跡から、骨で作られた縫い針が見出されているようです。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »