2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

リンク集

無料ブログはココログ

« 看板いろいろ その15 | トップページ | 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 21  »

2017年7月28日 (金)

辻子 ー蛇辻子(じゃのずし)ー

 蛇辻子は、下松屋町通五条下ルの付近を東へと通じていたようです。

 下松屋町通は、かつて「一貫町通」と称していました。

 その由來は判りませんが、『京町鑑』には、「△此通一貫町と名付たる事詳ならず ●此通は松原より南は丹波口下ル所迄の通にて大宮の西の通也」としています。
 そして、蛇辻子の位置については「▲下長福寺町  此町中程東側下よりに辻子有㋵蛇辻子」としています。

 上の記述から蛇辻子の位置は、下長福寺町の町域(北は万寿寺通から南は五条下ルまで)のうち南の方、つまり、下松屋町通(一貫町通)の五条(辺り)を東行する小路であったものと思われます。

次の写真、この辺りが辻子跡と見立てた五条通南側歩道です。

_01

 

 ところで、この五条通ですが、ずっと後の太平洋戦争末期になってから大きく変貌しているのです。
 昭和18年(1943)に「防空法」を改正して大都市の建物の疎開強化要綱を策定します。
 空襲による延焼を防ぐため道路を拡幅して防火帯を設けるために、大きな道路沿いの建物を市や町が強制的に取り壊す建物の強制疎開の措置がとられたのです。
 京都でも昭和19年10月から三次にわたって強制的な建物疎開がおこなわれて道路が拡幅されています。同20年3月の第三次強制疎開で五条通・堀川通・御池通などで実施され、1万世帯以上の家屋が強制的に取り壊されました。
 五条通の場合は、その南側部分が強制疎開の対象となり、現在の北側歩道にあたる部分が元の五条通(約5m)だったのですが、家屋が取り壊されたことで現在のような約50mの広い道路になったのです。

 ちなみに、永井荷風『断腸亭日乗』で昭和19年10月29日のところに、強制疎開のため取り払われた東京の町を詠んだ俳句がありました。
 《 川端の町取り払はれて後の月 》です。

 

 蛇辻子は旧五条通の南側、つまり、強制疎開で家屋が消滅してしまった現在の五条通の車道部分から、その少し南の町境界までの間の下長福寺町を、下松屋町通(一貫町通)から東行していたものと考えられるのです。

 町名の由來は、『京町鑑』に「松原通大宮西入町に長福寺あり。町名之に起る。」とし、下松屋町通について「始め上長福寺町。下長福寺町。突抜一町目。突抜二町目。の四ヶ町を新町と稱す。蓋し新開を意味せしなり。」と記しています。

 そして、下長福寺町については、「開坊の初め二町目と呼べり。此町東側南方より東に通する小路あり。俚俗蛇辻子と字せり」としています。




« 看板いろいろ その15 | トップページ | 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 21  »

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 看板いろいろ その15 | トップページ | 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 21  »