2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 空・光・水・風 その16 | トップページ | 看板いろいろ その17 »

2017年10月27日 (金)

辻子 ー櫻の辻子ー

櫻の辻子

_01

 五辻通の、浄福寺通と智恵光院通の間を東西に通っている・・・と見ています。
 そして、位置としては一色町と五辻町を通貫していると考えます。

 その理由は次の通りです。
 『京羽二重』には、「櫻の辻子 しやうでんの辻子の南の町なり」と記します。
 そして、「しやうでん辻子」の位置は、「大宮どをり紋やの辻子のにし上る所」としています。
 さらに、「觀世辻子 大みやどをりあぐいんにしへ入所」と記しています。

 これら三つの記述をそのままに理解して、「櫻の辻子」は「しゃうでん(聖天)の辻子 」=聖天辻子通のすぐ南の辻子だとしてみましょう。
そうすると、そこは上立売通ということになり「観世辻子」に該当しますから、「櫻の辻子」ではあり得ないことになります。
 したがって、櫻の辻子は、聖天辻子のすぐ南の辻子(つまり上立売通)ではなくて、二筋南の五辻通と云うことになるはずだと考えるに至りました。

 なお、『京童』の記述からも、「上立賣通」の項で「あぐゐ通西へ くはんぜの辻子」としていますから、「櫻の辻子」は上立売通ではあり得ないことが判ります。

 ちなみに、「五辻町」の名称は亀山天皇の皇子守良親王が住んで五辻宮と称したことに由来する。また、「一色町」は室町幕府の守護大名、四職家筆頭であった一色氏の邸宅があったことに由来する。

« 空・光・水・風 その16 | トップページ | 看板いろいろ その17 »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空・光・水・風 その16 | トップページ | 看板いろいろ その17 »