2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク集

無料ブログはココログ

« 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 25 | トップページ | 暖簾いろいろ その24 »

2018年6月29日 (金)

辻子 ー寿量辻子ー

 大報恩寺(千本釈迦堂)の東門から東行して、六軒町通を越え千本通に至る東西の小路。
 溝前町、末広町、牡丹鉾町を通貫しています。

寿量辻子

_01_2
 上の辻子写真、突き当たりが千本釈迦堂の東門なのですが、現在では防災車両の出入口となっており、普段は鉄扉が閉ざされており行き止まりとなっています。  辻子の名称由来は、この道(寿量辻子)の北側(右側)に寿量寺(廃寺となっている)という寺があったことによります。

 『名所手引京圖鑑綱目』宝暦4年(1754)
日文研データベースから 
 寿量辻子は、釈迦堂本堂の東門から、六軒丁通・寿量寺を経て千本通の大下丁にかけて。(写真をクリックすると少し拡大します)

Jpeg__01
 ちなみに、『京都坊目誌』は、「壽量寺 末廣町の内上立賣と五辻との間千本西入北側四十九番戸にあり。日蓮宗妙満寺に屬す。享保15年類焼し。其後再建す。」とあるも、大正年間に廃寺となったようです。

 『京町鑑』の「上立賣通」の項に、「千本西へ入 左官町 此町南側に壽量寺と云日蓮宗の寺有  此西は北野右近馬塲へ出る也」とあります。

 ところで、この引用文中の「上立売通千本西え入」にあるのは「左官町(さくわんちょう)」ではなく、「作あん町(さくあんちょう)ではないかと思いますが、如何なものでしょうか。上記引用図はもちろん、元禄・貞享の頃の『京大絵図』でも花車丁・作庵丁は記されていますが、左官町というのは見当たりません。

 作庵町の仁丹町名表示板


_01

« 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 25 | トップページ | 暖簾いろいろ その24 »

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 路地(ろーじ)ーそのいろいろー 25 | トップページ | 暖簾いろいろ その24 »