2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク集

無料ブログはココログ

« 看板いろいろ その20 | トップページ

2018年6月15日 (金)

辻子 ー出雲寺辻子ー 《補訂》

 以前、「出雲寺辻子」(2015年7月17日記事)では、辻子の位置を明確に特定仕切れないため、「はっきりせず何とも悩ましいことです。」と腰砕けのかたちで終わっていました。
 その後も、ときどき思い出したように近世の地誌の記述や、古絵図と現代の地図を見比べて、乏しい想像力を巡らせながら考えていました。

 そこで改めて、考えついた「出雲寺辻子(出雲辻子とも)」の位置は、次のようなものです。
烏丸通上御霊前から約50mばかり南に、烏丸通から西へと入る道があります。
 この道は、現在ではごく短いものとなっていますが、この部分が「出雲の辻子」の残存部分だと見ます。

出雲辻子(址)
 後掲『京都坊目誌』に、「出雲の辻子」の「道址存す」と記す場所か。

_01
 そう考えるに至った理由は、次のようなものです。
 『京町鑑』には、「内構町」(上御霊前通烏丸西入の両側町)についての記述のあと、次のように記しています。
「◯此町南側 
 ▲和泉神町  叉本名◯出雲寺辻子 古出雲寺とて大伽藍ありし舊地也  故にしかいふ中頃出雲寺町といひしがいつの頃よりか文字も書誤りし也」としています。
 なので、現在の「内構町」の南側に、和泉神町=本名は出雲寺辻子があったことに間違いないのです。

 また、『京都坊目誌』では、「上御霊前町」の記述中に「(略)因に云ふ  本町西部より相國寺境内に通ずる小徑あり。出雲町叉出雲の辻子と呼ぶ。維新後自然廢道と爲る。道址存す 明治四十四年此所より南に新道を開けり。
 この記述から、以前の記事では何の疑いも無く、出雲の辻子は上御霊前町の西方、つまり内構町を東西方向に通っていたものと理解したのが、誤りだったようなのです。
 出雲辻子は相国寺に通じる小道であって、上御霊神社へ通じる小道ではなかったのです。

 ところで、その昔の相国寺の境内地は、烏丸通の西側までをも占めていたようです。そして、そこは応仁の乱以前までは下出雲寺の跡だったのです。
 それでは、どの範囲までが境内地だったのか?

 『京大絵図』貞享3年(1686)に描かれた相国寺境内地の西端は、室町通の「上柳原町」から「むろ丁かしら丁(現・室町頭町)」にかけて、そして、南北の範囲は「内構町」の南側から、「柳のつじ(現・柳図子町)」の北側にかけてが境内地として描かれています。
 したがって、現在の「下柳原北半町」と「下柳原南半町」は、かつては相国寺境内地だったようです。

古絵図に見る相国寺境内地の西部
 貞享3年(1686)『京大絵図』(日文研データベースから)
 地図をクリックすると不鮮明ながら拡大されて、内構町の南側まで相国寺境内地であったことが判ります。
 
Photo
 さて、そこで改めて『京町鑑』『京都坊目誌』の記述と、『京大絵図』の描くところを併せ考えて、出雲寺辻子の位置特定を試みた結果は次の通りです。

 「内構町」の南側にあったかつての「出雲寺辻子(別称・和泉神町)」は、現在の「上柳原町」に相当し、そこから東方の相国寺境内へと東西に通じていた。
 先に書いたように、烏丸通上御霊前の少し南から西へと入るごく短い道、これが『京都坊目誌』の云う、「出雲の辻子」の「道址存す」としている個所なのでしょう。
 元々の出雲の辻子のうち、ここと西方室町通の間(約70m)が廃道となって失われた部分だろうと見ます。

 そして、この出雲辻子の「道址」西端から、南へやや西寄りに寺之内通まで延びるのが、「明治四十四年此所より南に新道を開けり」に相当する道だと考えました。

出雲辻子址から開かれた新道
 左端に見えるのは烏丸通
_01_2
なお、言うまでもなく『京都坊目誌』の云う「出雲の辻子」「出雲町」と、『京町鑑』に云う「出雲寺辻子」とは同一です。

以上です。さてどんなものでしょうか。
  

« 看板いろいろ その20 | トップページ

辻子(図子)・突抜」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 看板いろいろ その20 | トップページ