2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月28日 (金)

暖簾いろいろ その28

十八屋(おはこや)
  中京区寺町通夷川上ル
  木版画の箱専門店 

_01_4
長谷川松寿堂
  中京区三条通高倉東入  
  和紙工芸品

_01_5
京都古梅園
  中京区寺町通二条上ル要法寺前町
  製墨販売
  天正5年(1577)奈良で創業の日本最古の製墨業

_01_7
総本家河道屋
 中京区姉小路通御幸町西入
 蕎麦ほうる

_01_8

2018年12月21日 (金)

突抜 ー衣棚突抜町ー

_01_6
 衣棚突抜町とは、衣棚通の姉小路通と三條通の間を言う。
 突抜町と衣棚町を南北に通貫しています。

 町名「突抜町」は、いうまでもなく「衣棚突抜町」を略称したものです。

「突抜町」の仁丹町名表示板

_01_7
 『京町鑑』はこの突抜の位置を、「◯衣棚通」の「◯姉小路下ル  ▲衣棚突抜町」と記しています。
 なお、衣棚通については「北は下長者町より南三條にて行當 叉松原より下へ五條橋通迄」とあります。

 そして、衣棚通の名称由来は、「此通 古 三條上ル町に袈裟衣商ふ店多く有によって衣店といふ 然るにいつの頃よりか 店を棚に書かへたり 今も三條邊に衣屋あり」と記し、袈裟・法衣を売る店が多かったからとています。

 『京雀』の「◯衣棚突抜通」には、「◯長はま町 南は三條衣のたな也  此南行に突抜  只一町連忍の辻子と云  其南に出れば六角通玉蔵町にて行當也」とする。

*上記引用文中の「連忍の辻子」というのは「了頓の辻子」の別称です。
当ブログで「辻子 ー了頓辻子ー」(2016.2.5)として記事にしています。

2018年12月14日 (金)

看板いろいろ その25

大西京扇堂
  中京区三条通寺町東入
  京扇子

_01_2
田 沢  木屋町店
  中京区二条通木屋町西入
  ガラス製品

_01_3
彙文堂書荘
  中京区丸太町通寺町東入
  古書店

_01_4
船はしや
  中京区三条通河原町東入
  五色豆・豆菓子

_01_5

2018年12月 7日 (金)

突抜 ー仁王門突抜町ー

_01_3
 仁王門突抜は、車屋町通の二条通と押小路通の間をいう。
 仁王門町・仁王門突抜町・西押小路町を南北に通貫しています。

 『京町鑑』はこの突抜の位置を、「◯車屋町通」の「◯二條下ル ▲仁王門突抜町」としています。
 なお、仁王門町・仁王門突抜町の町名由来について、『京都坊目誌』では念仏寺の二王門があったとも、また、今では鴨川東にある頂妙寺がこの地にあった当時、仁王像があったとも云われるが、由来としては信じ難いとしています。

「仁王門町」の仁丹町名表示板

_01
 なお、車屋町通の通り名由来については、
 『京雀』は、「◯車屋町通 これはつきぬけ也 下 あねがこうじに車借(*ルビは「くるまかし」とある)おほくあるゆへに その町筋の名とす」とあって、車屋町通姉小路にある車屋町を「此町はみな車借の住ける家也」と記しています。
 『京都坊目誌』では、「天正以来。車輛製造の者此街の南に住居せしより名とす」としています。そして「一に車屋町突抜と稱せしと。」記して、「車屋町突抜」という別称があったとしています。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »