2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月22日 (金)

突抜 ー常盤井殿突抜町ー

 『京町鑑』には、常盤井殿突抜町の位置について「◯元真如堂突抜下ル町 ▲常盤井殿突抜町」とし、元真如堂突抜町(現・真如堂突抜町)の南だと記しています。


「常盤井殿突抜町」のあったと思われる所
 茂みから先(北)の今出川通までが常盤井殿突抜町だったようです。ここから南の広小路通までを中筋通と称する道が通じていました。 

_01
 先頃の記事『元真如堂突抜町』の中でも書いたのですが、かつては現・真如堂突抜町(今出川通の南の通りで、寺町通と中筋通の間)の西端を、石薬師門通から広小路通まで南北に通じる中筋通という道がありました。
 「常盤井殿突抜町」は、その中筋通の北端から少し南に下がった辺りまでを南北に通貫していたようです。

 もっとも、この中筋通は明治になって整備された京都御苑に取り込まれてしまったため無くなりました。その経緯については、先頃記事にした『突抜 ー元真如堂突抜町ー』(’18.11.9)に記しましたので、ここでは省略します。

ちなみに、当時(宝暦期)は御所東側の公家町の様子は次のようなものでした。
 寺町から西へ一筋目・・・梨木町通(北は石薬師通から南は広小路通まで)
 寺町から西へ二筋目・・・二階町通( 同上 )
 寺町から西へ三筋目・・・中筋通( 同上 )
 寺町から西へ四〜六筋目・・・これらの通りは御所築地塀の内側にあった

 ところで、ここで私の「思いつき」を少し・・・・
 先に記した中筋通・常盤井殿突抜の北方で、今出川通を越えた所にある細い道(現・下塔ノ段通)は常盤井殿町の東の端にあたります。

下塔ノ段通から「常盤井殿突抜町」の方向(京都御所)を望む
 
道路の右側(西側)が常盤井殿町で今は同志社女子大学のキャンパス、左側(東側)は下塔之段町です。先の方を横に走っているのは今出川通で、その向こう側(御所)が常盤井殿突抜町だったようです。

_01_2
  『京都坊目誌』によると、町名の起源を「本町南側 桂宮の殿舎あり。慶長の頃宮號を八條殿と云ふ。故に八條殿町の稱あり。元禄享保の頃宮號を常盤井殿と稱す。町名之に起る。」としています。
 と云うことで、その「常盤井殿町」へと突き抜ける道であったことが、「常盤井殿突抜町」の名称由来となったのだろうと思われます。

2019年2月15日 (金)

暖簾いろいろ その29

京都古梅園
 中京区寺町通二条上ル要法寺前町
 製墨販売
 天正5年(1577)奈良で創業の日本最古の製墨業

_01_9
豆 政
 中京区夷川通柳馬場西入
 五色豆など豆菓子、すはまだんご  など
 明治20年、当時白色しかなかったえんどう豆に青・赤・黄・黒(ニッキの褐色)の四色を加えた「五色砂糖掛豆」(現在の夷川五色豆)を考案したそうな

_01_10
二條若狭屋
  中京区二条通小川東入
  京菓子

_01_11
本田味噌
 上京区室町通一条上ル 
 味噌製造販売
 創業は200年前の天保元年とのこと

_01

2019年2月 8日 (金)

路地(ろーじ) ーそのいろいろー 29

下京区で見かけたものです
_01_2
_01_2_2
_01_3
_01_4
 
 
 

2019年2月 1日 (金)

何でなんかなぁ? (2の2)

 承前
 それでは、南北が丸太町通と三条通、東西は寺町通と堀川通、これらの通りをを四囲とする範囲で、飛地のように分かれて存在する町と、それがいくつに分散しているかを挙げておきます。

竹屋町通・・・相生町(2ヶ所)、塀之内町(2ヶ所)、和久屋町(2ヶ所)、魚屋町(2ヶ所)
夷川通・・・・泉町(4ヶ所)、山中町(2ヶ所)、百足屋町(2ヶ所)、木屋町(2ヶ所)
二条通・・・・丁子屋町(2ヶ所)
姉小路通・・・姉大東町(3ヶ所)、木之下町(2ヶ所)
 といったところです。ところが、何故かこの一帯には顕著なかたちで存在するのですが、他の地域では殆ど見かけません。

 見落としがあるかも知れませんが、他の地域でこうした例が目についたのは次の町でした。
高辻通・・・・雁金町(2ヶ所)
万寿寺通
・・・堅田町(4ヶ所)


堅田町の仁丹町名表示板


Photo

 

 縦町は分断されることなく、横町は分断分散される思わしい理由が思い浮かびません。
 そこで思い切り、というよりも恐ろしく飛躍して考えてみることにしました。

 古代日本では、新しく都を構える場所を選定するにあたっては、地形、風や水の流れ、陰陽五行説など古代中国が起源の世界観を重視していました。
 平安京は北に船岡山(玄武)、東は鴨川(蒼竜)、西が木嶋大路(白虎)、南は巨椋池(朱雀)という風水の四神信仰にかない、都を設けるのに絶好の場所として選定されたのです。

 そして、中国では「天子、南面す」といわれ、皇帝は南を向いて政治を行うとされたことから、平安京では都の北部に大内裏(御所)が置かれました。

【註】「天子、南面す」の出典
『新訂中国古典選1』(朝日新聞社)第1巻『易』本田 済著を参照しました。
その中の『説卦傳』に、次のようにあります。
「聖人南面而聽天下。嚮明而治。」
これを読み下し文にすると、「聖人南面して天下に聴き、明に嚮(むか)いて治む。」
専門家が易しく読み解くと、「聖人が君位に就けば、南に向かって座り天下の政治を聴く。すなわち明るい方向に向かって治める。」となるそうです。


 平安京では大内裏の正門である朱雀門から南に向かって、メインストリートの朱雀大路(現・千本通)が通じていました。
 この朱雀大路は道路幅がなんと28丈(約85メートル)もあったそうです。これに次いで広いのが、朱雀門の前を東西に通っている二條大路などの17丈(約50メートル)ですから、朱雀大路はダントツの規模の道路だったようです。
 そして、朱雀大路の南端(九條大路)には、北端の朱雀門に相対して、平安京の入口・正門である羅城門がありました。

羅城門遺址碑

_01_3


 このように南に向かって開いた平安京でしたから、南北の街路が東西の街路に比べて優位な立場にあり、東西の道路は位負けしたのかも知れません。

 なので、横町は縦町に分断されてしまうこととなった⤵︎。そうだ、そういうことにしておこう(これ、JR東海のCMコピー「そうだ 京都、行こう!」みたいやなー)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »