2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク集

無料ブログはココログ

« 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 30 | トップページ | 祇園祭 »

2019年6月21日 (金)

饅頭屋町(まんじゅうやちょう)

 烏丸通の三条と六角の間に饅頭屋町という町があります。
 『京雀』には、「◯まんぢうやの町 此町の饅頭屋は日本第一番饅頭の初なるよし家名の書付にあり」とあって、饅頭屋発祥の地だとしています。

饅頭屋町の町並み

Photo_98


 『京都坊目誌』でも、この饅頭屋町の町名起源について、次のように説明しています。
 「天正以前阿彌陀堂前ノ町と云ふ。頂法寺の阿彌陀堂西門のありし所とす。當時鹽瀬九郎右衛門と云ふ者此町に棲して。饅頭舗を開きしより稱となる」

頂法寺の山門

Photo_99

 ここ饅頭屋町は、天正以前には頂法寺(通称・六角堂)阿弥陀堂の西門があった所で、天正期以前の町名は阿弥陀堂前ノ町と云ったが、この町に住む塩瀬九郎右衛門という人が饅頭屋を始めたことから饅頭屋町と云う町名になったと言うのです。

頂法寺の本堂
 頂法寺の正式名称は紫雲山頂法寺、通称の「六角堂」は本堂が六角宝形造(ろっかくほうぎょうづくり)であることによる。

Photo_100

 ところで、この塩瀬家について伝わっているところを記します。

 建仁寺の僧である龍山徳見禅師が、嘉元元年(1305)元に留学、元には45年のあいだ留まり修行、貞和5年(1349)に帰国したと云います。そして後に建仁寺35世・南禅寺24世・天龍寺6世の住職に就任、その曾孫が建仁寺塔頭の多くの文化財両足院を創建しています。
 龍山徳見が帰朝したときに随行して来日したのが、林浄因(りんじょういん)という人でした。
 この林浄因が日本(京都)に帰化して塩瀬を名乗り饅頭の製法を伝えたといい、塩瀬総本家の始祖にあたるそうです。

 浄因の子孫から禅僧や商人を輩出して饅頭屋も継承されますが、その後、京都の林家と奈良の林家に別れたようです。
 京都の林家は姓を「塩瀬」と改め、烏丸通三条下ルで塩瀬饅頭を販いだといわれる。このとき、室町幕府八代将軍の足利義政から授かった「日本第一番本饅頭所林氏塩瀬」の看板を掲げて営業したと云う。

 しかし、応仁の乱で荒廃した京都を逃れた林家は奈良へ移住します。
 奈良で饅頭を製造し、奈良饅頭として販売したのは林宗二という人でした。
 ちなみに、この林宗二という人は文学や歌学に精通していて、室町時代に刊行された『節用集』(国語辞書)を改訂しましたが、これは「饅頭屋本節用集」とも呼ばれるそうです。

« 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 30 | トップページ | 祇園祭 »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 30 | トップページ | 祇園祭 »