2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 暖簾いろいろ その32 | トップページ | 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 32 »

2019年10月31日 (木)

一口(いもあらい)について

 先頃の記事「消えた巨椋池」では、かつて、京都府下では最大の淡水湖であった巨椋池が、昭和8年から干拓工事に着手され昭和16年に完工を見て、約635haの水田地帯へと変貌したことについて記事にしました。

現在の巨椋池干拓田
 区画されて広々と広がる田圃やビニールハウスが整然と並んでいます。
 遥か彼方には京滋バイパスが田圃の中を突っ切っている。

Photo_20191017111701

 干拓によって消える前の巨椋池の西南の端、淀の近くに秀吉が築いた大池堤の堤防上に「一口」と書いて「いもあらい」と読む集落がありました。

東一口の民家裏側
 かつて堤防であった所にある家々の様子が見て取れます。高みの手前(石段の下)が巨椋池だったのです。

Photo_20191017113601
東一口の家並み

Photo_20191017114202


 そもそも、「一口」と書いて何で「いもあらい」と読むの? 難読も極まる地名の最たるものでしょうね。
 その「一口」、現在では東一口と西一口に分れていますが、「東一口」の東部には広大な巨椋池干拓田が広がっています。

一口の道標
 現在の西一口、宇治川の左岸(南岸)堤防下の道路脇に残されている。
 道標の東面は「是東 一口村安養寺」、西面は「南 御牧村役所」、南面には「淀川渡船場」と刻まれている。

Photo_20191017125301


 ところで、往時の巨椋池の東一口は漁業集落でした。
 伝わるところでは後鳥羽上皇から賜った漁業権は、東一口村・小倉村・三栖村・弾正町の四ヵ郷の漁師には、東が津軽外の海、西は艪櫂の及ぶ限りの範囲での漁を許されたという。
 その漁業権の総帥であった山田家の屋敷は、当時の三分の一の規模に縮小されているというが、残っている長屋門は東西15間・奥行き2間半、入り口門は総欅の扉というからその勢威・格式が偲ばれる。

山田家の長屋門

Photo_20191017130201  

 さて、「一口」の地名由来に話を戻します。

 中世には「いもあらひ」あるいは「芋洗」と表記されていたようで、現在の「一口」表記が見られるようになったのは近世の江戸時代になってからだとされます。

 この「一口」を「いもあらい」と称する由来、つまり地名の由来については、いろいろの説があるようです。
 ちょっと面白いのでそれらを紹介しておきましょう。

 『山城名勝志』では、「一口」の名称由来を「古老云昔三方ハ沼ニシテ一方ヨリ入口有之故ニ一口ト書ト云リ」としています。これは、村は北・東・西の三方を巨椋池に囲まれていて、入り口が西の1ヶ所のみであるという立地条件から来ているもののように思われます。
 「いもあらひ」は、低湿池であるが故の水難や疫病の流行といった災厄を追い払う「いみはらい(斎払・忌祓)」が「いもあらい(芋洗)」に音韻転訛したとする説を有力とする向きもあるようです。

 そのほかに、伝承として伝わっている「由来」の数々をランダムに挙げてみます。

 用明天皇が今の宇治田原町に行幸された時、お詠みになった歌を短冊に書いて一口川(ひとくちがわ)に流された。この短冊が淀の漁師の網に懸かったので禁裏に届けたところ、詠まれた川の名「一口」を在所の名として賜ったと云う。
 豊臣秀吉が伏見城で開いた宴で詠んだ歌を、短冊に書いて宇治川に流した。この地に流れ着いた短冊を、現れた大鯉が一口に飲み込んだことが地名の由来となったと云う。
 弘法大師が大池(巨椋池)にさしかかった時、農夫が洗い物をしていた。大師が「何を洗っているのか」と聞いたところ、農夫は慌てて「芋です」と答えて「ひとくち」で芋を食べてしまったからだと云う。[註:ジャガイモやさつまいもが入ってくるまで、芋と言えば里芋のことだった。]
 かつては、巨椋池で取れた鯉を石清水八幡宮に献上していた。そのとき「一咫鯉一疋」と書いた目録が添えられた。それを「一口から鯉一尾を献上」と読み違えたからだと云う。
⑦ 巨椋池には大小無数の島洲があって、芋を洗うような景観だったことから「芋洗」と呼ばれるようになったと云う。
 百姓が初めて農地を耕すときに、神から土地を貰う神事「地貰い(じもらい)」を行なった。この「地貰い」が「いもあらい」に転訛したのだと云う。
 「いもはらい(疱瘡払い)」が転じたとする説。東一口に豊吉稲荷大明神があり、かつては疱瘡稲荷神として全国的に知られた稲荷社だったと云う。江戸城を築いた太田道灌は愛娘が疱瘡に罹ったとき、一口の疱瘡稲荷に祈願すると治ったことから江戸に稲荷神を勧請したという。

« 暖簾いろいろ その32 | トップページ | 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 32 »

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暖簾いろいろ その32 | トップページ | 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 32 »