2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 東山通と市電東山線のできた頃(1) | トップページ | 東山通と市電東山線のできた頃(3) »

2019年12月20日 (金)

東山通と市電東山線のできた頃(2)

2. 東山通と市電「東山線」の開通

 道路の整備(拡張と新設)とともに、電気軌道の敷設と路線開通が進められました。
 まず最初は大正元年(1912)12月25日に、現・東大路通三条から五条通の南の馬町との間に市営電車を開通させて、その路線名を「東山線」としました。
 そして、翌大正2年3月にこの通り名を「東山通」と命名しました。

 ところで「東山通」は、かつては「東山線通」と呼称したことがありました。これは、市電の路線名称「東山線」を道路名称としても使用したのです。

《南門前町の仁丹》

Photo_20191202164201
 なお、旧称「東山(通)」は現在でも使用されており、「東山三条」「東山安井」など市バス停留所名や交差点表示に使われています。
《東山安井の標識》

Photo_20191202164301

 その東山通(現・東大路通)は、次のような順で道路を拡幅あるいは新設して軌道の敷設が進められ、市電東山線が開通していきました。    
1) 大正元年12月25日  
    三条東四丁(三条通)〜広道馬町(渋谷通)
2) 大正2年3月15日   
    三条東四丁(三条通)〜冷泉通
3) 大正2年4月5日   
    広道馬町(渋谷通)〜妙法院前(七条通)
4)  同  4月16日   
    熊野神社前(丸太町通)〜竹屋町通
5)  同  5月6日   
    冷泉通〜竹屋町通
6) 昭和3年1月13日   
    熊野神社前(丸太町通)〜百万遍(今出川通)
7) 昭和3年11月8日   
    妙法院前(七条通)〜東福寺(九条通)
8) 昭和18年7月10日  
    百万遍(今出川通)〜高野上開町(北大路通)

 ここで、京都における電気軌道開通の揺籃期を見ておきましょう。
《京都電気鉄道伏見線石碑》
 七條停車場前に(現・京都駅)

Photo_20191205162601

《伏見線終点(伏見油掛町)》

Photo_20191205162602
 まず、明治28年(1895)平安遷都1100年祭の年、2月1日に日本で最初の路面電車として、京都電気鉄道(略称「京電」)の伏見線が、七條停車場(東洞院塩小路)と伏見下油掛の間で営業運転を開始。4月には岡崎の第4回内国勧業博覧会々場に至る木屋町線が開通しています。
 そして、京電は順次に、営業路線を増やしていきます。
 その後、明治45年(1912)6月11日、京都市電気軌道事務所が発足して京都市営の路線が開設され、京電と京都市電が競合する時代となりますが、大正7年(1918)京都市が京電を買収し、市電の営業路線として一本化されました。

 なお、市電の路線全体としては、東は東大路通(東山通)・西は西大路通・南は九条通・北は北大路通を外周として、その内側に碁盤の目状に路線を開通させました。
 昭和33年には京都市電の営業路線は總距離が76.83Kmとなり、市民や観光客の足として最盛時の昭和38年度には乗客数が1日平均546,488人に達しました。
 しかし、全路線の乗客数は、昭和36年の2億2千万人をピークに減少の一途を辿り、昭和52年にはついに2千万人にまで落ち込みました。
 そして、自動車の普及とともに乗客数の減少で市電経営は悪化して、路線は順次に廃止へと追い込まれ、バス路線への転換が進みました。
 最後は、明治28年2月1日の京都電気鉄道による日本初の路線営業開始から85年間を経て、ついに昭和53年(1978)9月30日には京都市電の全路線が廃止となりました。

   【続く】



« 東山通と市電東山線のできた頃(1) | トップページ | 東山通と市電東山線のできた頃(3) »

京都の移り変わり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東山通と市電東山線のできた頃(1) | トップページ | 東山通と市電東山線のできた頃(3) »