2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 36 | トップページ | 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 37 »

2020年2月 7日 (金)

変化する「ことば」と「地名」

 「ことば」は、しばしばその本来の〈音〉や〈字〉が変化してきました。そして「地名」もまた伝承の過程で語音の転訛や、用字の改変を繰り返してきました。

 まず、地名が変化している具体例を『京都坊目誌』から引いてみます。

「小結棚町(こむすびだなちょう)
   新町通の錦小路から四条の間に位置します。

N  
 町名の由来は、小結(こゆい)つまり小結烏帽子を製造する人が製品を棚(店)に陳列販売したことによるとしています。元々の読みは「こゆいだなちょう」だったのです。
 また伝承では、いろんなオモチャを作って店舗でこれを販売し、おんな子どもが店の前に集まってこれを買った、このため俗に呼んで「児居店(こいのたな)」とした。これを「恋の棚(こいのたな)」とも言ったが、これは誤りだとしています。

「西海子町(さいかいしちょう)
   三条通の古川町から東山通西入にかけて位置します。
  (仁丹町名表示板は劣化していますが、なんとか読めます)

Photo_20200125113601  
 西海子は皀莢(さいかち)の仮字であり、本町の南に長田塚がありその塚の上に大きな皀莢の木があったことを町名の由来とする。
 西海子町の南隣には南西海子町がある。また、堀川通上長者町上ルにはズバリ皀莢町があり、由来は同じく皀莢の木。


 ところで、国語学の知識には疎い私には音韻変化などよくは判らないのですが、「ことばの変化の仕方」には、驚くほどに様々なパターンがあるようです。 
 変化の類型を例示してみます。

転 音
 二つの語が複合するとき、元の音が別の音に変化する。
 例:あめ(雨)→あまがさ(雨傘)、さけ(酒)→さかだる(酒樽)
転 訛
 語の本来の音がなまって変化する。あるいは発音し易い音に変化する。
 例:やめておく→やめとく、している→してる
転字・当て字
 同じ音である別の字に変化する。
誤写・誤記  
 写し間違いや書き誤りによって変化する。
音読・訓読に変化
 音読から訓読に、あるいは訓読から音読に変化する。
音便変化
 単語の一部の音が、発音しやすいように元の音とは違う音に変わる現象。
 ex. 撥音便(飛びて→飛んで)、促音便(待ちて→待って)、ウ音便(思ひて→思うて)、イ音便(咲きて→咲いて)
二重母音(母音連続)の回避
 語と語が連続して複合語となるときに、母音が連続することを避けた。
 ex. 「あらいそ(荒磯)」→「荒」の「ラ」から母音[a]を消し去って「ありそ」、同様に「春雨(はるあめ)」→「あめ」の前に[s]を挿入して「はるさめ」とすることで母音が連続するのを避けた。
ハ行転呼音
 語中語尾のハ行音が音韻変化する。
 ex. 近江(あふみ→おーみ)、埴生(はにふ→はにゅー)粟生(あわふ→あおー)
佳好二字化
 和銅6年5月、元明天皇の詔に「畿内七道諸国の郡郷の名は好字を用いよ」とあり、『延喜式』民部式には「凡そ諸国の郷里の名は二字とし、必ず嘉名を取れ」とある。お上の命令で地名を嘉名(めでたい名)・好字(よい字)を選んで、二字で表記とするように強制された。
 これは、単に用字の問題にとどまらず、その地名の元々の意味が失われてしまうことになった。

 ちなみに、地名の変化の例としてよく引かれるものに、「白馬」と「六甲」があります。

 日本アルプスの長野・富山両県境に「白馬岳」という山があります。長野県側の山の雪が溶けて、雪の消えた跡が黒い馬の形になる頃が苗代掻きをおこなう目安とされてきた。(農事暦)
 これは、「代掻き馬」→「代馬(しろうま)」→「白馬(しろうま)」→「はくば」と変化したのです。つまり、短縮・転字・訓読・音読と変化して定着したものです。今では村名も「はくばむら」となってしまいました。

 「六甲(ろっこう)」は、古くは「むこ」と呼ばれて、武庫・務古・牟古・六児・無古などの字が当てられていたという。
 「六甲(むこ)」の字で表記されるようになったのは近世になってからのようで、これが、さらに「ろっこう」と音読するようになった。
 このように、言葉だけではなく地名もまたそうした事情・原因で変化するのです。


 ところで、昭和37年に始まった新住居表示制度や、平成の大合併により大掛かりな町村名の変更が行われたため、全国的に伝統や由緒ある地名の多くが消滅してしまいました。幸い京都市の場合は諸般の事情から変更を免れました。
 地名というのは、単にその土地の場所・位置を表す記号にとどまるものではありません。その土地の歴史・地理・環境を表すいわば文化財なのです。ですから、◯町目◯◯番地などという味わいも面白味も無い単なる記号に変えてしまうような愚を犯してはなりません。



« 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 36 | トップページ | 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 37 »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 36 | トップページ | 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 37 »