2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 38 | トップページ | 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 39 »

2020年2月28日 (金)

下鴨そして下鴨半木町と半木神社

 下鴨は、賀茂川と高野川の合流点から、北方の松ヶ崎・上賀茂にかけての一帯で、両川の扇状地の間に形成された三角地帯に位置します。
 ちなみに、下鴨の西側部分、つまり下鴨本通の西側の地域に仁丹町名表示板が僅かながらが残存しています。

 この下鴨は、大正7年(1918)に京都の第一次町村合併で、朱雀野村など16町村とともに京都市に編入されました。
 元来、賀茂川左岸(東岸)の東側一帯は賀茂川の旧河道でした。普段は水が少ないものの、激しい雨が降ったときには堤防が決壊して水が溢れることの多い土地だったようです。
 この賀茂川東側の地は、大正10年(1921)に制定された「住宅組合法」に基づいて開発されました。
 1910年代以降の人口増加により、下鴨にも「新中間層」の居住地として京都市内から多くの人々が移住しました。住人の特徴としては学者と画家が多かったようで、「下鴨文化村」の通称が広く知られたそうです。

 下鴨本通の東側が賀茂川・高野川の両扇状地の境界にあたり、かつては低湿地であったようでその東側を流れる泉川は、下鴨神社や河合社の境内地である糾森(ただすのもり)を経て高野川に合流しています。

下鴨宮崎町の仁丹
 この下鴨宮崎町には、大正12年(1923)から昭和27年(1952)まで、松竹京都撮影所がありました。しかし、失火によって焼失したため、太秦南堀ヶ内町に移転しました。

Photo_20200129093301

下鴨松ノ木町の仁丹
 高野川は、大正8年(1919)に私人の寄附により河川改修が行なわれ、河川敷だった右岸(西岸)沿いの土地が、住宅地として分譲されたということです。

Photo_20200129093501

 ところで賀茂川の左岸、北大路通の北に京都府立植物園があります。ここは、大正13(1924)年に日本で最初の公立植物園として開園しています。
 この一帯には下鴨半木町・下鴨東半木町・下鴨西半木町という町があります。そして、「半木町」の行政上の読みは「はんぎちょう」です。
 ところが、賀茂川左岸の堤防の上、春には枝垂れ桜の並木となる遊歩道は「半木の道(なからぎの道)」と称されています。
 一体「半木」はどう読むのか悩ましいところです。植物園の中にある上賀茂神社の境外摂社「半木神社」があります。神社の駒札には、「なからぎじんじゃ」と振り仮名をして、流木神社「ながれきじんじゃ」とも云うとしています。

半木神社

Photo_20200129094301

 『山城名跡巡行志』に、「流木ノ神祠 上賀茂の巽七八町 下鴨より上賀茂に到る中間也 中賀茂と稱す 叉半木ノ社奈良ノ社と云ふ 今上鴨に属す」とあって、流木は「ナガレギ」・半木は「ナカラギ」と仮名を振っています。
 『山州名跡志』には、「流木社 鴨に属す 本殿の巽の方七八町許りに在り」として、振り仮名は「ナガレギ」となっています。
 今では植物園内の「半木神社」と「なからぎの森」がその名残りをとどめています。
 ちなみに、『菟芸泥赴』では、「中賀茂 上賀茂にも八町 下賀茂にも八町へだてゝ其中に有 古より半木(ナカラギ)と云ふ大己貴命を祭る社あり 一説流木(ナガシギ)といふ 非なり」としていて、昔からの言い伝えでは、この地に神木が流れ着いたことから「流木ノ社」と言ったとするが、それは間違いだとしています。

 と言うことで、古くは半木神社=なからぎ神社だったようです。
 したがって、この一帯の町名である下鴨半木町・下鴨東半木町・下鴨西半木町の「半木町(はんぎちょう)」、町名は半木神社=なからぎ神社に由来しているため、その読みは「なからぎちょう」であるべきなのでしょうが・・・。(ウーン  難しいなー❗)


« 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 38 | トップページ | 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 39 »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 38 | トップページ | 路地(ろーじ) ーそのいろいろー 39 »