2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月27日 (金)

路地(ろーじ) ーそのいろいろー 40

東山区の4件

Photo_20200306134801

Photo_20200306134901

Photo_20200306135001

Photo_20200306135101

2020年3月20日 (金)

町名に六波羅政権を偲ぶ

 「 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。」 (『平家物語』第一巻「祇園精舎」より)

 古代以来、政治の実権を握る主体は、平安時代前期までの天皇親政、中期以後の藤原氏による摂関政治(貴族政治)、上皇・法皇による院政を経て、保元・平治の乱以降は平氏の武家政権へと遷り変わっていきました。
 後白河天皇は引退した後も法皇として院政を敷いたのですが、保元・平治の乱以降権勢を延ばした平氏と対立して、平清盛により洛南の鳥羽殿に幽閉され政権は武家へと移っていきました。
 その辺りのことを、慈円(関白藤原忠通の子で青蓮院第三代門主)は『愚管抄』に「保元元年七月二日、鳥羽院ウセサセ給テ後、日本国ノ乱逆ト云コトハヲコリテ後、ムサ(武者)ノ世二ナリニケルナリ」と書いています。

 流刑地の隠岐島から出雲に渡って国府を襲った源義親を、桓武平氏の本流とされる伊勢平氏の平正盛(清盛の祖父)が討ち果たして武名を上げました。これを機に平氏が武士の棟梁として進出してきます。
 そして、白河院の信頼が厚い正盛は、六道珍皇寺寺領の土地を借りて阿弥陀堂(正盛堂とも)を建てます。六波羅堂とも六波羅蜜堂とも称されました。

平氏六波羅第・六波羅探題跡碑

Photo_20200310103401
 正盛の死後、忠盛(清盛の父)に家督は移って、白川院・鳥羽院の信任を得ます。次いで、その子の清盛の代に至って、保元・平治の内乱に勝ち抜き平氏繁栄の全盛期を迎えます。その本拠地が「六波羅」であったことから、平氏政権は六波羅政権とも言われました。

 しかしやがて、平氏は以仁王の令旨に応じて挙兵した木曾義仲(源義仲)をはじめ、諸国の源氏の蜂起によりに敗れ、義仲が京都に入る前に自ら邸宅群を焼き払って都落ちします。
 そして都落ちして後は衰亡の一途を辿って、「一ノ谷の戦い」「屋島の戦い」に敗れ、源平最後の決戦となった「壇ノ浦の合戦」にも敗れて滅亡しました。

 こうして、最初の武家政権である平氏の六波羅政権は滅んで、源氏の武家政権である鎌倉幕府が取って代わりました。六波羅の地には鎌倉幕府の六波羅探題が置かれて、朝廷の監視・市中の警備をおこない、西国の政務や裁判権をも行使することになります。
 ところが、その源氏も元弘3年(1333)多摩川畔の「分倍河原の合戦」で新田義貞の反幕府の軍勢に敗れて滅んでしまいます。

六波羅蜜寺

Photo_20200310103801
 「六波羅」の名称由来は、天暦5年(951)に空也聖人(醍醐天皇の子とも伝わる)によって創建された西光寺、後に六波羅蜜寺と改称された寺名が由来と考えるのが妥当であるように思われるのですが、諸説があるようです。

 また、「六波羅」の範囲についても、諸説があって必ずしも明確では無いのです。
 碓井小三郎『京都坊目誌』は、「六波羅」の範囲について、『山州名跡志』をはじめ諸本の記述を概観したうえで、次のように記しています。
 「(略)諸説大同小異にして、四至判然せず。今以上の諸説と六波羅蜜寺諸傳の舊記とを經とし。實地調査の地形、及字地の名稱等を緯とし、これを製織すれば、其梗概を推知するを得べし。」
 そして、「其審按の結果を記さんに、四至東は北にて六波羅蜜寺を限り 主典ノ辻子に至るとの説あるも同寺と辻子との間は古く寺有地なるを以て除外す。故に採らず。  西は大和大路 古昔大宮大路なり に至り、西一町にして賀茂川に臨む。 今の新古宮川筋は後世川床を埋めたるもの也 南は六條の末にして 今の正面通に當る。閑院内裏時代京師圖に七條までを區域として見取を示せり。之は後世の想像なり依て採らず。北は五條大路 今の松原通 の末に及べり。然して境域の南より東に續き苦集滅道 今の澁谷街道馬町なり に沿ふて松谷若松 小松谷を云ふ に至る。是は附属の第地にして、四至の以外なり。」と記しています。

 また、高橋昌明『京都〈千年の都〉の歴史』岩波新書は、六波羅の範囲を次のように記しているので引いておきましょう。ちなみに、著者は平氏政権を最初の「武家政権」であるとし、「六波羅幕府」と呼んだ現代の史家です。
「平家の六波羅は、北は六波羅蜜寺のある五条末、つまり平安京五条大路(現松原通)を京外東方に延長したライン、南は同じく六条末で、南北約500メートルにおよび、東西は現鴨川東岸約100メートルの地点から東に約600メートル以上、積算して「廿余町」の面積がある。
 この空間には一族親類や従者、上京した地方武士の家々が密集して立ちならび、細かく数えれば「家数三千二百余宇」(延慶本『平家物語』)におよぶ。」としています。

 ともあれ、北は松原通から南は六条通東末にかけての一帯には、平氏一門の武将邸宅が建ち並んだが、平氏滅亡の後はそこに源氏の六波羅探題が設けられたようです。
 しかし今では、伝承に基づいて江戸期になってから付けられた町名や通り名にその名残をとどめているだけです。
 例えば、池殿町(清盛の異母弟で池大納言・池殿と呼ばれた頼盛の邸宅跡とされる)、三盛町(清盛・教盛・頼盛の三兄弟の邸宅跡とされる)、門脇町(清盛の異母弟門脇中納言教盛の邸宅跡とされる)、多門町(六波羅邸の総門の跡といわれる)です。

門脇町と多門町の仁丹町名表示板

Photo_20200310104601

Photo_20200310104602
 北御門町(六波羅探題は南北の二庁が置かれ、北庁の北門のあったところと言われる)」、北庁の遺址が町地となり北御門・南御門・西御門の三町となったと言い、南御門町は明治元年北御門町と合併した。

 西御門町の仁丹町名表示

Photo_20200310105001

 そして六波羅裏門通、この通りは三盛町・多門町から、東方にかけて興善町・竹村町・小島町の境界となっている主典ノ辻子まで通じています。


2020年3月13日 (金)

空・光・風・水 その30

う め

Photo_20200307111601

Photo_20200307111701

Photo_20200307111801
つばき

Photo_20200307111901
馬酔木(アセビ)

Dscn1606

2020年3月 6日 (金)

路地(ろーじ) ーそのいろいろー 39

上京区にて

Photo_20200108115501

2

Photo_20200108120201

Photo_20200108120301

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »