2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク集

無料ブログはココログ

« 仲源寺の目病み地藏 | トップページ | 町名の「何で?」 (その2) »

2020年5月22日 (金)

町名の「何で?」 (その1)

「町(ちょう)」は「丁」とも書きますが、次の3種類の意味があります。
 ① 距離の単位の「ちょう」 1町(丁)は、60間で約109メートル
 ② 面積の単位の「ちょう」 1町(丁)は、三千坪で約9,917.4平方メートル
 ③ 区画(ブロック)の「ちょう」 行政上の単位区画であり生活共同体

 京都市内の地名「**町(ちょう)」は上記③の「ちょう」ですが、この区画(ブロック)としての「ちょう」について考えてみました。
 京都市の行政の基礎単位である「**町」は、「**ちょう」と呼ばせるものが多く、「**まち」とするのは稀です。
 ちなみに、「**まち」と云う呼称は、新町通や室町通など、通り(街路)の名称に見られます。

 なお、近世以前の地図では町名を記すのに、「**町」ではなく「**丁」とするのが通例だったようです。
 例えば、「鉾の辻」と言われる四条室町界隈の鉾町の町名は、函谷鉾丁・菊水鉾丁・月鉾丁・鶏鉾丁といったように、「町」ではなくて「丁」と表記しています。

 さて、冒頭に書いたように「町」を「丁」とも書くことから、町名には区画(ブロック)の丁なのか、それとも距離の丁を意味するのか、判りにくいため戸惑うものがあります。
 いったい、いずれなのかを町名の由来から考えてみました。

 東山区本町通沿いの町名には、本町通五条下ルの「一丁目」から始まり、南は伏見区との境界の「二十二町目」まであります。
 そして、写真の「十九町目」は、『京都坊目誌』に「五條より十九町目に當る、故に名づく」とあります。したがって、町名は五条通から数えて「19番目の町(ブロック)」を意味していて、「19丁の距離にある町」ではないのです。
 しかし、「19番目の町」だけではその位置がよく判りません。なので、判りやすいように「東福寺南門前下ル」と位置を併記しています。

Photo_20200521154701
 ということで、町名に見られる「*丁目」あるいは「*町目」は、その町がいくつめの区画(ブロック)かを意味しているのです。
 他にもいくつかを例示しておきます。(なお、現在の公称町名の表記は全て「*町目」ではなく「*丁目」としている。)

東山区宮川町通の、宮川筋一丁目~八丁目
 「*町目は四條から起算す。」(『京都坊目誌』)としていて、四条通から南へ順に何番目の町なのかを意味する。

Photo_20200521155301

下京区東中筋通の、天使突抜一丁目~四丁目
 「一町目は松原より一町目なり、二町目以下皆同し。」(『京都坊目誌』)で、天使突抜通(東中筋通)北端の松原通から南へ順に一町目・二町目と続く。

Photo_20200521155401

伏見区の新町通の、新町一丁目〜十四丁目
 宇治川の派流北岸にある柿ノ木浜町の北側が「新町一丁目」で、北へ順に二丁目以下が続く。(『京都市の地名』)

Photo_20200521155501

« 仲源寺の目病み地藏 | トップページ | 町名の「何で?」 (その2) »

仁丹町名表示板」カテゴリの記事

町名・地名の由来」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仲源寺の目病み地藏 | トップページ | 町名の「何で?」 (その2) »