2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月29日 (金)

弁慶石のこと

Photo_20201227121901

 武蔵坊弁慶は幼少の頃、鬼若と命名されて三条京極界隈で過ごしたといわれる。そして、弁慶石は子供の頃の弁慶が心の底から愛でたと伝えられる石です。
 長じて比叡山の僧時代には修行をせず乱暴が過ぎたため追い出される。
 武術を好んだ弁慶は、京の都で千本の刀を奪うという大願を立て999本を得ます。残りの一本となったとき五条大橋で源義経に出会いますが、身軽で欄干を飛び交う義経の身軽さに勝てず、降参して義経の家来となるという話は有名です。
 これは、次のような童謡・文部省唱歌『牛若丸』の歌詞で私たちのよく知るところです。

🎵   京の五条の橋の上
  大の男の弁慶は
  長い薙刀振り上げて
  牛若めがけて斬りかかる

  牛若丸は飛びのいて
  持った扇を投げつけて
  来い来い来いと欄干の
  上へあがって手を叩く

  前や後ろや右左
  ここと思えばまたあちら
  燕のような早技に
  鬼の弁慶謝った

 義経・弁慶の主従は曲折を経てのち、奥州平泉の衣川の戦いでともに最期を遂げますが、弁慶の死後に弁慶石は京の都から高舘へ移されました。
 しかし、石が「三条京極に戻りたい」と大きな声を出し揺れ動いて、そのあと高舘で熱病が蔓延したので人々はこれは弁慶の祟りだと恐れて、享徳3年に三条京極に送り返しました。それ以来、この地を弁慶石町と称するようになったと云います。
 その後、弁慶石は誓願寺方丈の庭に移されたが、明治26年(1893)には弁慶石町の民家に引き取られ、昭和4年7月12日に三条通り沿いのこの場所(三条通麩屋町東入)に移されました。

 「この石をなでると、弁慶のように男の子は力持ちになる」と言い伝えられています。
 なお、弁慶石の生い立ちについては他にも、「弁慶が比叡山から投げた石」「衣川の合戦で立ち往生した弁慶がこの石になった」「鞍馬口にあった石が洪水で流れ着いた」などなど様々な説があるようです。



2021年1月22日 (金)

暖簾いろいろ その35

白竹堂(喚風[かんぷう]三条店)
 中京区三条通寺街角
 扇子
 屋号の白竹堂(はくちくどう)は明治の画家 富岡鉄斎氏の命名。暖簾の「喚風」は鉄斎の書「綾扇喚風」(りょうせんかんぷう)の書に因み、きれいな扇子が風を起こす”という意味だそうな。


Photo_20201110160601

COLUMBIA
 中京区富小路通六角下ル
 アウトドアー用品(アメリカのブランド)

Columbia

一の傳
 中京区柳馬場通錦小路上ル
 西京漬専門店

Photo_20201110160901

わたつね
 中京区柳馬場通三条上ル
 蕎麦

Photo_20201110161101



2021年1月15日 (金)

看板いろいろ その38

白竹堂(喚風[かんぷう]三条店)
  中京区三条通寺町角
  扇子
  白竹堂(はくちくどう)屋号の命名は明治の画家 富岡鉄斎

Photo_20201029121401

文苑堂
 中京区寺町通夷川上ル
 書道書専門の書店

Photo_20201029121601

藝林荘
 中京区寺町通夷川上ル
 古典籍・新古美術

Photo_20201029121701

金翠堂
  中京区六角通富小路西入
  画材店

Photo_20201029121901



2021年1月 8日 (金)

三月書房のこと

 三月書房は、ごく最近まで京都市中京区寺町通二条上ルにあった書店です。
 この書店、品揃えが個性的と云うかユニークで、どこの書店でも買えるような本ではなく他の書店で扱っていない本を多く揃えており、何となく店主の定見・思惟が窺えるような独特の品揃えで、研究者や根っからの本好きな人々が足を運ぶような店でした。

 昭和25年(1950)の創業なのですが、店主が高齢となったため、令和2年(2020)に店をたたんで廃業されました。
 店頭販売をやめ、ついでネット販売もやめて完全に廃業。
 今では ”だまし絵” の描かれたシャッタの間のガラス戸の取っ手には、手書きしたこんな紙切れが貼ってありました。

Photo_20201112141901
「週休七日 年中全休」 つまり、1年365日の毎日が休業日となったのです。
茶目っ気たっぷりですね。
 その後、今年になってブログを見ると、「三月書房址 [1950-1920]」と記された金属のプレートが付けられた写真がアップされていました。

 店主の『三月記(仮題)ー三月書房のブロブのようなものー」によると、シャッターに描かれた店内の様子(だまし絵)の製作には、生物学者の福岡伸一氏も関わっておられたということです。
福岡氏の弁:
 「三月書房のある寺町通は骨董屋さんや筆屋さん、仏具屋さんなど京都らしい風情のある界隈です。宍戸さんはそのような場所でシャッターを下ろしたままにしておくのはしのびないと考えていました。そこで、在りし日の三月書房の佇まいを再現するため、外から見たときのお店の写真を加工し、その画像をシャッターにラッピングすることになったのです。これは、記憶の風化に対するささやかな抵抗です。」




2021年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます

Photo_20201230153101


 いつも当ブログを訪れていただく皆様、本当にありがとうございます。
 昨年はコロナコロナで明け暮れるやりきれない年でした。(外飲みができません)
 今もまだ先が読めるような状況ではありませんけれども、一日も早く平穏な日常に戻ってほしいものです。
 皆様にとって、今年が良い年でありますように。

 さて、勝手ながら私ごとです。
 私は、還暦(60歳)の時にパソコンを始めました。
 そのかたわら、特に目当てを決めないでカメラ片手に京都市中をほっつき歩いていました。
 何を求める風の中ゆく(種田山頭火の俳句)

 ついで、古希(70歳)になってブログを始めました。
 そして、あちこちと歩き廻って興味を引いたあれこれを記事にしてきました。
 これ、実はボケ防止を狙ってのことでもありました(笑)

 今年は傘寿(80歳)で(もっとも、数え年で言えば昨年が傘寿でしたが)、このブログを始めて10年が経ちました。
 ところが、昨今はコロナ禍で外出が躊躇われて、ブログのネタ探しも儘なりません。
 さて、今年はどうすべーか。風まかせ足まかせで行くとするかな。
 さて、どちらへ行かう風がふく(やはり山頭火の句)


 加齢による足の衰えもあって以前のように長距離を歩き回れませんが、今年の干支「丑(うし)」のようにゆっくりとブログネタを探して、市中見回りを続けようと思っています。
 なので、今までのように必ず毎週金曜日に記事を更新するのはチョット無理かもしれませんが、時折は『酒瓮斎の京都カメラ散歩』を覗いてくださると大変嬉しいです。
 今年もよろしくお願いいたします。

 

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »